にこるんのように肌を白く!!地黒でも効果に期待できる方法はあるの?

 

にこるん(藤田ニコル)のように肌を白くさせていきたいと思っている人は少なくはないでしょうね。

にこるんのような美白になりたいけれども、どのようにすれば肌が白くなるのか疑問に思っている人はいませんか?肌を白くさせるためには、日常生活からスキンケアに励むとともに、食生活などにも留意しなければならないのです。

 

そして、肌を白くさせたいと思っている人は女性のみならず男性にも多いことでしょう。単に美白であるというだけでも得をすることは多いですよね。

実際に肌色を白くさせるような方法は多くあり、美白効果のあるとされる食べ物もあるのです。
肌を美白させていくためには、努力によって解決させていくことが充分に可能なのです。

当記事では、肌が黒くなる要因や肌を白くさせていくための生活習慣や食事についても解説していきます。




 

■肌が黒くなる要因とは

自分で肌が黒いと思っている、あるいは肌が黒いと指摘される人は、なぜ肌が黒くなるのか知っていますか?この項目では肌が黒くなる要因とは何であるか解説していきます。

 

 

■肌が日焼けしている

まず挙げられるのが紫外線に起因して肌が黒くなることです。誰しもが日焼けについての大まかな仕組みを知っていることでしょうが、肌が紫外線を浴びることによって、内部に存在するメラノサイトからメラニン色素が生じるために肌が黒くなるのです。

 

メラニン色素は当初、何ら有害ではないチロシンというアミノ酸であるのですが、このチロシンが肌の内部に存在しているチロシナーゼと結びつくことによりメラニンへと生成されるのです。

メラニンとは、肌が黒くなる要因そのものであるのですが、これが多量に生み出され肌の表面においても視認可能となってくるために、肌が黒くなっているように見えるわけなのです。

 

メラニンは肌の細胞の入れ替わりによって自然排出されるものなのですが、こうした入れ替わりの機能が衰えていたり、周期に狂いが生じていれば、排出機能が衰えていき肌へ残存することになるのです。これこそが、肌が黒くなっていたり、シミのように見える根拠なのですよ。

 

 

■生来の地黒

人類は生まれつき肌の色を持っているとされ、各々肌色は異なってきます。それこそ透き通るような真っ白い肌の人も存在すれば、真っ黒な人も存在するのです。もともと肌が黒いのであれば、父親か母親のいずれかが地黒であるものと考えられます。

肌色は親のどちらかの遺伝要素から譲り受けた場合が多いとされているために、二親のいずれかが地黒であることから、その子供も肌が黒くなるのでしょうね。

 

なぜ肌色が人によって異なるかは、人が本来有しているメラニンの量に応じているというわけなのです。当然、メラニンが少量であれば肌色は白くなる傾向にあるのですが、反対に大量であれば地黒になっていきます。

メラニンの量も遺伝譲りであるとされているために、父親か母親のいずれかの肌色を継承しているという次第なのです。

 

 

■くすみによっても肌は黒く見られる

肌は普段から手入れしていくものなのですが、この手入れを怠けてしまえば、くすみを生じさせてしまいがちなのです。このくすみが生じる要因とは大別すれば、肌の乾燥とメラニンの2種類の要素が存在します。

 

まず、乾燥ですが、肌が乾燥した場合には肌の内部において均衡が崩れてしまうために、肌の細胞の入れ替わりが狂いやすくなるのです。入れ替わりの周期が狂いだせば、角質の古いものや汚れの排出がおろそかになってしまいますから、肌に蓄積される一方になってくるのです。

乾燥によってくすみを生じさせてしまう要因は、肌の細胞の入れ替わりが衰えることによって肌に残存してしまった不要な角質や汚れにあります。不要な角質や汚れが残存していれば肌そのものが黒く見られるようになってしまうのです。

 

メラニンはシミのみならずくすみをも生じさせるのですが、この仕組みとは、紫外線を浴びたためにメラニン色素が生じることにあるのです。

メラニン色素がチロシナーゼと結合すれば、黒色メラニンへと変質していき、これが肌の表面に透過していくために肌が黒いように視認されるのです。

 

つまり、肌トラブルの一つであるくすみも、この日焼け同様の原理なのですよ。くすみはシミに比べれば、その程度は低いものなのですが、メラニン色素が蓄積されていけばいくほどにくすみは悪化していくのです。肌がくすんでいることを自覚できれば、早急に処置すべきでしょうね。

 

 

■食事で栄養バランスを考慮する

美白になるためには、肌の状態を整えることが前提となってきます。肌の白さの維持のためには、肌の健康状態を考慮していかなければなりません。そのためには食生活において留意することが大切です。

 

野菜は当然として、肉類や魚介類などのタンパク質も充分に摂取しましょう。確かに野菜は肌に良いといわれているようですが、食事がいつも野菜のみであっては、生命活動そのものの維持すら困難となりかねず、肌そのものに対しても悪影響をもたらしがちになるとともに、徐々に肌のハリが失われてしまうことにもなりかねませんよ。

野菜や肉類、魚介類に加えてフルーツも摂取することも大切です。

無論のこと、肉ばかり食べていては肌の健康維持が困難になってきます。

 

 

■乳酸菌の摂取

乳酸菌の効果として、腸内環境の維持ないしは改善効果が見込めます。そのような効果を受けて体内環境も良くなるばかりか肌をも良好に保つことができるのですよ。

この乳酸菌を多量に含むものとしては、ヨーグルトやチーズ、味噌やキムチなどの発酵食品が該当します。

 

 

■ビタミンCを積極的に摂取

ビタミンCは肌を白くさせるために不可欠なものとされているのですが、メラニン色素の発生を抑えて分解する作用があるために、シミに対しても効果があるとされています。

ビタミンCは尿として体外へ出されるために、一度に多量にまかなうのではなく、一定の間隔ごとに摂取していくことが不可欠なのです。

 

このビタミンCを多量に含む食物は、ピーマンや柿、イチゴやアセロラ、それにトマトなどが該当します。
ビタミンCの効果的な摂取方法としては、睡眠中にビタミンCが蓄積されている状態を保つために睡眠前に摂取しておくことが重要です。

 

 

■生活習慣の改善

肌のためには良質な睡眠が不可欠です。睡眠が充分であれば、成長ホルモンも分泌されていくのですよ。
この成長ホルモンの作用としては、細胞を新たに生み出すこと、代謝コントロールに資すること、この2種類のものが存在します。

美白にとって不可欠なのは、代謝と肌の細胞を成長させることにあるのです。

成長ホルモンを促進させるためには、より睡眠を深くすることにあります。睡眠時間や就寝時間よりも眠りの深さに左右されてきます。

 

 

■スキンケア方法のご紹介・ピーリングが美白に繋がる

ピーリングとは、直訳すると皮をむくことを意味します。事実、肌には想像を絶するほどの汚れが蓄積されているのですよ。

肌のピーリングのためにはピーリングジェルというものが存在するのですが、どのような人であっても容易に自宅で取り組めるものであり、角質の古いものを除去していくことにより、ターンオーバーの効果が見込めるのですよ。

 

ピーリングによれば、通常のスキンケアでは及ばないような汚れの除去をも可能にしてくれるのです。特に女性の場合であれば、化粧のために汚れが多量に肌に詰まっていますよね。これをピーリングすることによって肌汚れを除去していくことが可能となるのです。

汚れを取り除けば、肌の調子もよくなることから美容効果にも期待できますね。
ピーリングというと最近出来たものであるかのように思われるでしょうが、実は古来から実践されていたスキンケアなのです。

 

 

【まとめ】

以上のとおり、肌を白くさせる方法について解説してきました。にこるんのような白い肌を目指すには、肌が黒くなっていくことを抑制していくとともに、食生活や生活習慣を改めていかなくてはいけません。

そして、今回ご紹介したスキンケアも同時に実践していき美白を目指していきましょう。




最後まで読んで頂きありがとうございます。もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら
下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る