オーガニックコスメは本当に安全なの?危険性は?

コスメ

 

化粧品は植物性、動物性、化学物質の成分によるものなど、様々な材料が使われています。昔から米ぬかで顔を洗ったり、きゅうりのパックをするなど家にあるものを化粧品代わりに使っていました。食べられるものは安全といったイメージから、ユズやアロエなどを使ってキッチンで化粧水を手作りをしている人も多いようです。オーガニックコスメは安全といったイメージがありますが、人の体はそれぞれ違うので、どんな化粧品も安全とは言い切れません。

 

オーガニックコスメとは

農薬や化学肥料を用いずに栽培した植物を材料として作られた化粧品全般を、オーガニック化粧品といいます。しかし、オーガニック化粧品は、特別の規定があるわけではなく各国、各社でばらつきがあります。オーガニック化粧品は天然のものだから安心と思いがちですが、アレルギー体質の人だと思わぬものにも反応し、かぶれたりかゆみが出るなどのトラブルを起こすことがあります。植物性由来のコスメに限らず、動物性由来のものも化学物質によるものもはじめて使用する場合は、必ず腕の内側などでパッチテストをすることが大事です。トライアルセットなどで試してみるのもよいでしょう。

 

・植物抽出エキスについて

古くから薬効があるといった植物は、オーガニックコスメにも使用されています。植物抽出エキスとは、植物の花や葉、茎菜などから抽出された成分のことです。中国などに伝わる漢方やヨーロッパに伝わるハーブは、体調や体型をよくし、美しくなることを目的として延々と使われてきたものなので、本来は安心できるものです。

 

・手作り化粧品のトラブルには気を付けて!

オーガニック化粧品と手作り化粧品は別ものです。野菜や果物をすりつぶしてパックをしたり、緑茶を化粧水代わりにつけて肌にトラブルがおきたということもあるようです。手作り化粧品は究極の自然化粧品ではありません。口の粘膜と肌の粘膜は構造も免疫力も違うので、食べて大丈夫だからといって肌に塗って大丈夫という保証はないのです。手作りの化粧水を使う場合も必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう。

 

オーガニックコスメのメリットとデメリット

・メリット

植物から抽出したエキスが中心に用いられ、石油由来成分や合成成分がほとんど排除されているので、化学合成成分が苦手な人にとってはメリットといえます。植物は民間療法に利用されているものも多く、その植物に対してアレルギーがない人は、安心して用いることができます。オーガニックコスメには天然のエッセンシャルオイルが用いられているため、化粧品を使いながらリラックス効果が得られます。

 

・デメリット

植物由来のものが安全というわけではありません。どの植物も多少のアルカノイドなど毒物やアレルゲンを含んでいます。また、植物自体に問題がなくても、小麦粉などが使われている場合にアレルギー反応を起こすこともあります。オーガニック化粧品は合成界面活性材を用いてない場合や、用いていても必要最小限のため、化粧品の伸びが悪く感じられることが多いようです。日本にはオーガニック化粧品の認証機関がないため、本物を見極めにくいのが難点です。

 

人気の国産オーガニックコスメ

・HANAオーガニック

合成界面活性剤や防腐剤、鉱物油などの化学物質が気になる方や乾燥に悩む方におすすめです。ダマスクローズの香りに癒されます。1,480円(7日分送料無料)でトライアルキットが購入できます。

 

・オラクル

浸透の良さと潤いが実感できるコスメです。こだわりの自社栽培の植物を含め70種類以上の植物成分を用いています。1,600円(7日分送料無料)でトライアルキットが購入できます。

 

・琉白

沖縄の素材の海ぶどうや月桃、クチャなどを使ったコスメです。990円(7日分送料無料)でトライアルキットが購入できます。

 

自分に合う化粧品探しについて

肌タイプはおおまかに分けると乾燥肌、混合肌、脂性肌(オイリー肌)、敏感肌に分けられますが、肌の状態は年齢や季節、環境や体調で日々変化します。オーガニックコスメは近年人気がありますが、オールマイティとはいえません。化粧品が今現在の自分の肌に合っているかどうかは、実際に使ってみるしかないのです。化粧品メーカーの中には、使用後の肌のピリピリ感や赤味、かゆみ、腫れなどのトラブルを「好転反応」とか「解毒作用」という言葉で片づける場合もあるようです。薬ならそういうこともありますが、化粧品を使う目的は今の状態をさらに良くするためのものです。オーガニックコスメに限らず、肌にトラブル反応があるのに使い続けるのは止めましょう。

 

【まとめ】

誰もが肌のきれいな人に憧れます。

女優さんやモデルさんの美しい肌にあこがれて、コスメを選ぶ人も多いようですが、肌質は人によって違います。

何かトラブルを感じて化粧品を変えるときは、ネットなどで調べてサンプルやトライアルキットで試しみましょう。

何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますが、保湿、美白、ターンオーバー効果など基本的な効能が得られるものを選ぶとよいでしょう。

エス

78,265 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。