あの頃を思い出そう~みずみずしい青春邦画3選~

趣味

【あの頃の気持ちを思い出そう】

青春時代に感じていたようなまっすぐな気持ちって、年齢を重ねるにつれて忘れてしまいがちですよね。
友情、恋、そして夢…あの頃はどんなことに対してもまっすぐでした。

みずみずしい青春映画を観て、あの頃の気持ちを思い出してみませんか?
今回は、あの頃を思い出したい時におすすめの「みずみずしい青春邦画3選」をご紹介します。

【1.青い春】

この映画のベースとなっているのは、世界的に人気の高い漫画家、松本大洋の同名短編コミック集です。
2002年に公開されました。

『青い春』というタイトルからもわかるように、青春映画です。
ただし、普通の青春映画とはちょっとだけ違っています。
どのような違いがあるのかというと、登場人物たちがほぼ全員不良少年であるということです。
それも、生半可な不良ではありません。
心に闇を抱えた根っからの不良です。

鬱屈した気持ちを抱えた不良たちの、やるせない気持ち、どうしようもない怒り、男としての虚栄心やプライド、そういったものが痛いくらい伝わってきます。
もちろんストーリーもおすすめなのですが、キャストにも注目していただきたいです。

実はものすごく豪華なキャスト陣が勢ぞろいしているのです。
主人公のひとりである「九條」には、松田龍平。
そして、彼と敵対する「青木」に、新井浩文。
そのほかにも、瑛太、塚本高史、高岡奏輔、忍成修吾、山崎裕太、渋川清彦などの実力派俳優陣の若い頃を観ることができます。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの楽曲と、痛々しいほどのストーリーが見事にマッチしています。
青年たちの物語ですが、女性の視点で観てもとても楽しめます。

 

【2.69 sixty nine】

原作は作家、村上龍の同名小説です。
この映画は、本当に素晴らしいのひとことです。
青春時代のさわやかな空気感が素晴らしく、観終わったあとにはなんだか新しいことを始めたくなります。
終始コミカルな雰囲気で物語が進んでいくので、先ほどご紹介した『青い春』と違い、明るい気持ちで観ることができます。

主人公の「矢崎剣介」を演じるのは、妻夫木聡です。
彼のキャラクターがとっても魅力的で、思わず「ケン!がんばれー!」と声援を送りたくなります。
彼のマドンナである「松井和子(レディ・ジェーン)」を演じているのは、モデルで女優の太田莉菜です。
この太田莉菜がまた、かわいい!
二人の甘酸っぱい恋をみていると、まっすぐな恋をしていたあの頃に戻りたくなること必至です。

ちなみにわき役には、今をときめく星野源や桐谷健太などがちらっと登場しますので、お見逃しなく。
2004年に公開された映画ですので、ふたりともまだ若く、恐らく言われないとわからないでしょう。

ケンと彼の親友である「アダマ」(安藤政信が演じています)が、田んぼ道を全力疾走するシーンは、青春そのものです。

 

【3.天然コケッコー】

ここまではすべて男の子が主人公の青春映画でしたが、こちらの主人公は女の子です。
原作は、少女漫画家くらもちふさこによる同名コミックです。

2007年に山下敦弘監督により実写映画化されました。

主人公の「右田そよ」には夏帆、そのボーイフレンドの「大沢広海」には岡田将生がキャスティングされています。
なんだかもうそれだけでキュンキュンしませんか?

ふたりは中学生。
海が近い田舎の村を舞台に、ふたりの淡い恋が始まります。

中学生のふたりのピュアな恋に胸が熱くなること間違いなしです。
好きな人と一緒に観たい映画ですよ。

 

【あの頃の気持ちをもう一度】

いかがでしたか?
あの頃を思い出したいときにおすすめの「みずみずしい青春邦画3選」をご紹介しました。

仕事や恋愛がうまくいかないとき、今回ご紹介した映画を観て、初心を思い出してみてくださいね。

エス

214,641 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。