あれ?太いなっ。下半身が痩せて見える着こなしとは?

ファッション

 

下半身が太いということで悩んでいる女性は少なくありません。全体的には太っていなくても、下半身だけ太ることもあるのです。

そういった体型の悩みを着こなしで解決することもできるのです。
どのような着こなしをしたら、下半身を痩せて見せることができるのかについて紹介していきます。

 

・足が太いと悩んでいる人にお勧めのアイテムがあります

スカート

下半身が太っていると悩んでいる人は、足のシルエットが見えることを気にして、スカートを避けるようにしているという人も少なくないと思います。

しかし実はスカートは、下半身を痩せて見せることに効果的なアイテムなのです。
特に足首までカバーできるマキシ丈スカートは、体型を隠すことができます。

また短い丈のスカートはハードルが高いと感じると思うものですが、実は思い切って足を見せた方が細く見えるということもあります。

膝上10㎝程度の丈のスカートは、痩せて見える効果を発揮してくれます。

マキシ丈と短い丈の中間の長さであるミモレ丈スカートは難しいのですが、ひざの中心とふくらはぎの一番太いところの間の長さを選べば着痩せして見えます。

 

ワイドパンツ

ここ最近流行しているワイドパンツですが、足の太さがわからないようにカバーしてくれる効果があるので、下半身の太さに悩みを抱える女性にとって嬉しいアイテムになります。

様々な色、素材の物が出ているので、選びやすくコーディネートもしやすいです。

 

オールインワン

ゆったりとしたオールインワンは、上半身から下半身までわからないように体型をカバーしてくれるので
下半身の太さに悩む人にとってお勧めアイテムの一つとなります。

隠れている部分が多くなるので、手首、足首などオールインワンで隠されていない部分はしっかりと出してメリハリを出すことが野暮ったくならないコツです。

 

・下半身が太いと悩んでいる人が意識したい着こなしのポイント

素材選びに気をつける

下半身が太いと悩んでいる人にとって、スカートやパンツなどボトムスを選ぶ際に気をつけたいことは、ハリのある素材、分厚い素材などを選ぶことです。

薄手の生地を選ぶと下半身のシルエットがわかりやすくなり、体型が強調されてしまいます。

 

色選びに気をつける

膨張色である白、ベージュなどは太って見えやすいという危険性があります。
着痩せして見せる為には、ブラック、紺などのダークカラーを選ぶことがお勧めです。

 

ウエスト位置を高く見せる

ウエスト位置を高く見せる着こなしをすることで、視覚的な効果として痩せて見えることにつながります。

トップスをスカートやパンツの中にインして着こなす、ハイウエストのスカートやパンツも流行していてたくさん売られているのでそういった物を選ぶなどウエスト位置を高く見せることを意識して選ぶようにしましょう。

下半身を着痩せして見せたいと悩んでいる人にとって、注意したいのはトップスの丈です。

腰が隠れるまでの長い丈のトップスを着て体型を隠そうとする人もいますが、これは危険です。一気に野暮ったくなりますし、ウエストの位置もわからなくなってしまいます。

 

靴選びに気をつける

下半身が太いと悩んでいる人にとってお勧めの靴は、ハイヒールです。
足に力が入るので引き締まった印象になり、痩せて見えるのです。背を高く見せるという効果もあります。

しかしハイヒールを履いていると疲れる、苦手という人もいるでしょう。
スニーカーを履く、ペタンコ靴を履くという人は、シークレットインソールを靴の中に入れて履いてみることも良いでしょう。
今はそういったアイテムは100均でも手に入れることができるので、多くの人が求めている、使っていると言えます。

下半身が太いと悩んでいる女性にとって、下半身を痩せて見せたいというのは切実な願いです。
ダイエットに成功して痩せることができたら良いのですが、なかなか短期間で叶えることはできません。

そういった女性にとって着こなしで下半身痩せをすることができるというのは、とても嬉しいことだと言えます。

上で紹介したように下半身痩せの効果が高いアイテムを選んで着るということが大事ですし、着こなしをする上でも痩せて見えるように意識して着るということが大事になってきます。
今流行のアイテムが着痩せの効果抜群ということもあるので、ぜひ活用してみましょう。

エス

74,685 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。