おしゃれが苦手という女性が「オシャレ」になるために

ファッション

 

おしゃれが大好きで仕方がないという女性もいますが、おしゃれに関してあまりわからない、どんな服を着たら良いかと悩むという人も少なくないと思います。
おしゃれが苦手という人がおしゃれになるために、気をつけたいコツについて紹介していきます。

 

おしゃれになりたい人が大事にしたい心構え

 

・雑誌やネットでトレンドを知る

おしゃれが苦手という女性は、あまり積極的におしゃれについて知識を得ようとしていないところがあります。
そうすると今までと同じような服を選び続けてしまい、結果としておしゃれになるのが難しいです。

おしゃれが苦手という人こそ、ファッション雑誌やネットで今の流行を知り、それを着こなしに取り入れることが
大事になってきます。

トレンドをそのまま全身コーディネートに取り入れることをしなくても、服選びをする時の幅が広がります。

 

・頻繁にお店に足を運ぶ

服を買おうと思った時に店に足を運んでも、なかなか何を買えば良いのかわからないものです。
この服を買おうと決めている時でなくても、定期的にお店に足を運ぶことによって、色々な情報を得ることができます。

お店に足を運ぶことでその時の流行りを知ることができますし、売れ筋商品について知ることもできます。
店員さんの着こなしも参考になります。
そういったことを重ねていくうちに、自分がこういう風に着こなしたい、こういうおしゃれをしたいという気持ちが出てきます。

 

・おしゃれだなと思う人を観察する

おしゃれになるためには、おしゃれだなと思う人を見つけて、その人をお手本にすることが近道です。
自分がおしゃれだなと思う人はどこが素敵に見えるのかということを観察して、それを真似してみるようにします。

自分がおしゃれだなと思う人に共通しているポイントが見つかれば、そこを意識して取り入れることで自分も一歩おしゃれに
近づくことができます。

 

おしゃれになるために気をつけたいポイント

 

・色味を3色程度にする

着こなしをする際に色々な色が乱れた状態で入っていると、コーディネートが落ち着かない印象になってしまい、おしゃれに見えません。

おしゃれに着こなしをしようと思う時には、使う色を3色程度に抑え、白、黒、紺、グレー、ベージュなどベーシックカラーの割合を7割程度、他の2色のうち1色はさし色としてぱっと目を引く色を選ぶようにしましょう。

ベーシックカラーで自分に似合う色、好きな色を一色選び、その色の服を中心としてコーディネートするようにすると良いでしょう。

 

・自分に合うサイズの物を選ぶようにする

同じアイテムを着ていてもおしゃれに見えるかどうかということは、その服のサイズ感で変わってくるところがあります。

自分に合ったサイズの物を着こなすことによって、ぐっとおしゃれに見えますし、反対に同じアイテムであってもサイズが合っていないとおしゃれには見えません。

服を買う時にはなるべく試着をしてから買うようにしましょう。ネットで購入するのは便利ではあるのですが、サイズがわからずにいつも自分が着ているサイズの物を選んで失敗するということもあります。

 

・服だけではなく小物も含めてコーディネートする

ファッションは上下の服で決まると思っている人もいますが、実際にはトータルバランスが大事です。

靴、バッグ、アクセサリーといった小物がおしゃれかどうかの分け目になることがあるので、しっかりと気をつけたいところです。

靴やバッグによって全体の雰囲気が大きく変わってくることもあり、自分がどういった風にコーディネートをまとめたいのかを意識して靴、バッグ選びをするようにしましょう。

上下シンプルな服の時は、靴やバッグで少し主張するようにして、逆に服が主張がある時には、靴やバッグを抑え気味にすることを意識すると上手くいきます。

 

【まとめ】

おしゃれになりたい、でもどうしたら良いかわからないというまま、垢抜けないファッションをしているのはすごくもったいないです。

おしゃれに対して守りの姿勢、今までと同じでいるのではなく、攻めの姿勢でチャレンジしていきましょう。

そうしていくうちに自分なりのおしゃれを見つけられるようになっていきます。女性であることの喜びの一つとして、様々なファッションが楽しめるということがあります。あきらめずにおしゃれを楽しでくださいね。

エス

42,596 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。