数字と英語が組み合わさった洋服の着丈の表記サイズについて

ファッション

 

洋服を購入する時に、「S」「M」「L」「LL」などのサイズを確認するのは、誰もが行うオーソドックスな注意点です。だけど、サイズ表記をあまり理解していなくて、失敗してしまう人も多いと思います。その原因は、「数字で表記されている」サイズの判断がうまくできないからです。例えば、「9」「11」「13」とか、「9AR」みたいなやつですね。おしゃれなブランドほど、このような表記が多いので、このあたりの解釈をしっかりしておかないと、おしゃれのスキルアップは難しいのです。

 

◎「号数」

数字による サイズ表記を「号数」と言います。

 

・「号数」は、JISによる表記

号数は、JISによるサイズ表記で、レディースだけではなく、メンズでもキッズでも使われています。やっぱり、 ちょっぴりハイブランドに多いかもしれません。

 

・レディースで一般的な号数とは?

レディースで言うと、「7」「9」「11」「13」あたりが一般的になってます。ちなみに、
「7号はS」、「9号はM」、「11号はL」、「13号はLL」に相当するので、覚えておくと良いでしょう。

 

・ブランドによって若干の違いはある

前述したように、「7号はS」というような、大まかな目安は あるのですが 、ブランドによって若干のサイズの違いは あるんです 。だから、必ず試着してから購入するようにしてください。

 

◎数字と英語が組み合わさった表記の判断方法は?

数字による表記は、まだ判断はシンプルな方ですが、そこに英語が組み合わさった 表記も あります。例えば、「9AR」みたいな表記です。

 

・「体型」&「身長」を表している

この、数字と英語を組み合わせた表記は、「体型」と「身長」を組み合わせた表記です。だから、うまく読み取ることができれば、より自分にマッチした洋服が選べます。

 

・体型について

主に、ヒップの大きさを表しています。その判断は、次のようなものです。

「A」、、、これを標準に考えます
「AB」、、、Aよりもヒップが4cmほど大きい
「Y」、、、Aよりもヒップが4cmほど小さい
「B」、、、Aよりもヒップが8cm大きい
 

 

・身長について

「R」、、、158cmくらい
「P」、、、150cmくらい
「PP」、、、142cmくらい
「T」、、、166cmくらい

 

・日本人の女性は「9AR」を参考にしよう

日本人の女性は、「9AR」を基準に考えると良いでしょう。これは、日本人女性の体型の標準であり、ほとんどのメーカーが、このサイズを元に洋服をデザインしています。

 

◎外国ブランドの洋服を購入する時は要注意

前述したような表記を覚えておけば、上手な洋服選びができるわけですが、これは、あくまでも「日本国内で生産されたブランド」に当てはまることです。海外ブランドの場合は、すでに紹介したサイズ基準が当てはまらないことが多いんです。外国でも、JISの表記を基準にしているのですが、気をつけなければなりません。

 

・例えばアメリカだとどうなってるの?

アメリカの洋服を、例に挙げてみましょう。アメリカは、「XS」や「LL」が多いです。これは、外人さんはビッグサイズの人が多いからです。さらに、「4」「6」「8」などの数字が見られます。日本の場合は、偶数ではなく奇数の表示が多いんです。

 

・日本のサイズに当てはめると?

前述した数字を、日本のサイズに当てはめると、次のようになります。

「4」、、、7号、或いはSサイズ
「6」&「8」、、、9号、或いはMサイズ
「10」&「12」、、、11号、或いはLサイズ
「14」と「16」、、、13号、或いはLLサイズ

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?このようなサイズ表記って、覚えるのがちょっと難しそうですよね。だけど、全ての表記を覚えておく必要はありません。自分の体型に見合った表記だけ、覚えておけばいいのです。ですから、これを機に、サイズ表記への意識を高めておきましょう。また、最後の方でお伝えしたように、海外ブランドの洋服を買う時は、注意が必要です。おしゃれなデザインやハイブランドは、海外製が多いので、興味を持っている人も多いことでしょう。必ず、試着をして、自分に似合う洋服を購入してくださいね!

エス

28,197 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。