オススメ女子旅 神戸編 ~ハイカラな港町・神戸を散策しましょ~

スポット

 

神戸とはこんなトコロ

・観光地としての神戸

神戸市は、兵庫県南東部に位置し、六甲山地と大阪湾の間にひろがる、風光明媚な港町です。関西の観光地では、京都、奈良、大阪、神戸、それぞれ特色がありますが、神戸は、おしゃれでハイカラな町として人気があります。

また、町全体として、コンパクトにまとまっているため、観光しやすいと言えるでしょう。

 

・港町としての神戸

神戸の港は、古代・中世から、大陸との貿易拠点としての歴史があり、1868年に開港して以来は、日本を代表する国際貿易港のひとつとなっています。

また、2017年には、開港150年の記念の年として、さまざまなイベントが催されました。港町であるがゆえ、神戸ならではのエキゾチックな雰囲気が、町のあちこちに漂っています。

 

神戸のオススメスポット

・山手エリア

異国情緒漂う神戸の町の中でも、象徴的なエリアが山手に位置する北野異人館街界隈です。神戸三宮(さんのみや)駅の北側へ、なだらかな北野坂を歩く事10数分、または山陽新幹線新神戸駅から、南西側へ数分の位置にあります。

このエリア一帯に、趣のある洋館が点在しており、それぞれの館(やかた)内部を見学する事も出来ます。また、界隈には、スイーツ店や雑貨屋、ギャラリーなど、個性的なお店も数多くあり、楽しく散策する事が出来ます。

さて、ここで代表的な異人館をいくつか紹介します。

 

① 風見鶏の館

尖った屋根の上の風見鶏と、レンガの外壁が印象的な異人館です。ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自宅として明治42年に建造されました。重要文化財として指定されています。

入館料…500円
開館時間…9:00~18:00
定休日…6、2月の第1火曜日(定休日が祝日の場合、翌日休)

 

② うろこの家

まるで魚のうろこのような天然石のスレートによって覆われた外壁で有名な、神戸で最初に公開された異人館です。その外観や、見晴らしの良い高台に建っていることなどから、数ある異人館の中でもひときわ目立つ存在となっています。外国人向けの高級借家として、明治時代に建てられました。この館は、外観だけでなく、内部のインテリアに至るまで、当時のまま保存されているという、貴重な文化遺産として登録有形文化財に指定されています。また、うろこの家の姉妹館として、小さな美術館「うろこ美術館」が併設されていて、マチスやビュッフェ、ユトリロなどの佳作品が展示されています。

入館料…1,050円
開館時間…9:30~17:00(冬期:10月1日~3月31日) 9:30~18:00(夏期 4月1日~9月30日)
年中無休

 

③ 英国館

イギリス人技師の設計により、明治40年に建てられました。館内はモダンデザインの父と呼ばれるウイリアム・モリスのファブリックによるインテリアで装飾されており、英国らしい重厚な家具・調度品も見どころです。また、名探偵シャーロック・ホームズの部屋を再現しており、ホームズのトレードマークである帽子やマントを着用して記念撮影する事も出来ます。その他、本格的なイングリッシュガーデンを鑑賞する事も出来ます。夜には、イングリッシュパブ「KING of KINGS」が営業します。

入館料…750円
開館時間…9:30~17:00(冬期:10月1日~3月31日) 9:30~18:00(夏期 4月1日~9月30日)
(イングリッシュパブ営業は17:00~翌1:00、日曜・祝日休)
年中無休

 

・中心部エリア

① 三宮・元町商店街

神戸の繁華街と言えば、三宮(さんのみや)駅、元町駅の周辺部であり、特に三宮センター街、元町商店街が有名なショッピングゾーンです。三宮センター街は、若者向けのお店が多く、一方元町商店街は昔ながらのレトロで歴史を感じさせるお店が多く、どちらも楽しく散策する事が出来るでしょう。

特に元町商店街には、「日本初」のお店が多く、日本で初めてコーヒー豆を輸入した日本初の喫茶店である「放香堂」や、日本でバウムクーヘンを初めて紹介した「ユーハイム」、その他、ゴーフルで有名な「神戸風月堂」の本店、子ども服の「ファミリア」本店など、是非訪れてみたいお店も多くあります。

 

② 南京町

元町商店街の南側に隣接するのが、横浜、長崎の中華街と共に日本の三大中華街のひとつに数えられる「南京町(なんきんまち)商店街」です。東西約270m、南北約110mのエリアには、およそ100ものお店が軒を連ねています。

当然その多くは中華料理店であり、ほとんどのお店の店頭に食べ歩き用の屋台が出ていて、豚まん、角煮まん、餃子、小籠包、各種ミニラーメン、ごま団子、北京ダック、など、リーズナブルな値段でいただく事が出来ます。

どれも美味しそうで、ついつい食べ過ぎてしまいそうです。中華のお店以外にも、スイーツやコロッケのお店などもあります。

 

・海側エリア

元町から、海側へ数分程度歩けば、メリケンパークへとたどり着きます。

ここ、メリケンパークと港、その西側に隣接する商業施設エリアは神戸海側の顔であり、特に商業施設ウミエモザイクのウッドデッキから山側を望む眺めは、一見の価値がある是非とも訪れたいロマンチックなスポットです。

六甲の山並み、神戸ポートタワー、港に停泊している客船、ホテルオークラ、海洋博物館などが一大パノラマとなって眼前に拡がります。夜景もとてもキレイですのでオススメですよ。

 

【まとめ】

神戸の町について簡単にまとめてみましたが、前述したとおり、神戸の町は、コンパクトにまとまっているため、1日で山、町、海とを観光する事が出来ます。

なんと言っても、六甲の山並みからの爽やかな風を感じながら歩く港町…なかなか他では味わえないオススメのロケーションですので、良い季節に是非訪れてみて下さいね!

エス

78,249 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。