好意を持っていることを意識させる方法

好意を持っていることを意識させる方法
恋愛-女性-

好意を持っていることをアピールする

人は自分に対して好意を持ってくれている人に対して好感を持ち、自分も好意を返したくなる生き物です。これは恋愛にも当然当てはまることなので、好きと言われたことがきっかけで意識してそこから好きになるケースは珍しくありません。もちろんすぐにストレートに告白すると断られてしまうこともあるので、告白という形で好きと伝えるのではなく、「一緒にいると楽しい」と伝えたり会ったときには嬉しそうに笑顔で挨拶したり会話をしに行くなど、意中の相手が自分に対して好意を持ってくれているのではないかと意識させることが大切になってきます。

いきなり大きなアピールをすると分かり易すぎて相手がびっくりしてしまうので、小さなことから始めることがポイントとなってくることは頭においておきましょう。人は苦手意識を持っていたり嫌いな人に自分から用事もないのに話しかけたり、笑顔で挨拶をすることはあまりないので簡単なことでも好感を持っているとアピールすることが出来ます。目が頻繁に会うことで意識するという人も珍しくないので、目が合うようにすることが大切です。もちろんずっと見てしまうと、何か文句があるのかと思われたり嫌な気持ちにさせるので目があったら微笑んだりチラッと見る程度にしましょう。

頻繁に会うようにする

接触回数が多い方が印象に残り意識してもらえるのは当然のことであり、1週間に一度しか会わない人よりも毎日会う人の方が親しみを感じて身近な存在になっていくのは当然のことではないでしょうか。用事がない限りは会うことがない相手でも、偶然を装って会うようにするなど合う機会を増やすことが大切です。もちろんすれ違うだけでは印象に残ってもらうことが出来ないので、会ったときには会話するように心がけておきましょう。

何か小さな頼みごとをしてみるなど、相手が「自分に会うためにわざわざ来てくれた」と思わせることも重要になってきます。もちろん偶然何回も会うというのも、運命を感じるという人もいますが鈍感な人はたまたまだと思うので、特にアピールにつながらないケースも珍しくありません。自分だけが特別という意識を相手に持ってもらうためにも、他の人に会う時よりもさらに嬉しそうな笑顔を向けるなどしておきましょう。

しかし自分から会うための約束をすることは勇気が必要で無理だという人もいるのではないでしょうか。その際には、相手の行動パターンをチェックしておき偶然会ったかのように装っておくと恥ずかしい気持ちもなくスムーズに相手に会うことができるのでお勧めです。

押した後には引いてみる

恋は駆け引きという言葉があるように、押してばかりでは相手がこちらを好きになってくれたり意識するきっかけにはならない場合も多いです。アタックしたりアピールしているときには、相手はその言動が当たり前と感じてしまっているので特に意識してもらえません。

しかし押した後には急に引いてみることで、今まであまり前にあったことがなくなる喪失感から寂しい気持ちになり、そこからもしかしたら好きだから最近会えなかったり連絡がなくなったことが寂しいのではないかと錯覚してくれます。錯覚では意味がないと考えてしまいがちですが、恋は錯覚や勘違いから始まるケースもたくさんあるので錯覚でも良いので好きなのかなと思わせることが大切です。

毎日連絡していたのであればそれを辞めてみたり、頻繁に会っていたのであれば会わないようにするなど一気に引くことがポイントとなってきます。好きな相手に会えないと寂しいので我慢できず会いに行ったり連絡してしまう人もいますが、一気に引かないと相手は特に喪失感から寂しいという気持ちにはなってくれないので気をつけましょう。徐々に引いてしまうと、あまり会わないことや連絡をしないことが当たり前になってしまうので一気に引くことがポイントです。

エス

453,742 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。