両想いかどうかをこっそり知れるおすすめの方法3選!

両想いかどうかをこっそり知れるおすすめの方法3選!
恋愛-女性-

片思い中の男性はあなたのことをどう思っている?

「好き」アピールをしている

男性は基本的に独占欲が強いと言われています。そのため「誰にもとられたくない」「あなたが他の男性と話しているところを見たくない」「付き合って独り占めしたい」といった気持ちから、わかりやすい「好き」アピールをしてきます。
積極的ではない男性であっても、よく観察をしていると意外と「好き」アピールをしていたりします。

例えば、あなた以外の女性にはそっけない態度をとっていたり、待ち合わせをする時は必ずあなたよりも先に待っていたり、あえて過度なスキンシップをとらないように気を付けていたりします。独占欲が強くても、男性は大切に思っている女性に対して過度なスキンシップをとろうとしない・冷たい態度をとらない・約束は必ず守るということを無意識にやっています。これはわかりやすい「好き」アピールをしてくる男性も、大切に思っている女性に対しては嫌われないように気を付けています。

片思い中の男性に対して、「私のこと好きかな?」「私のこと本当はどう思っているんだろう?」と気になった時は、相手の行動をよく観察してみましょう。他の女性と比べてあなたにだけ良い意味で違う態度をとっているようであれば、その男性なりの「好き」アピールだと認識して良いと思います。そうなるとあとはあなたから告白をするか、アプローチをして男性から告白をしてもらうのを待つかになります。

ワクワクすることばかり起きる

男性は好きな女性に対して「喜んでいる姿が見たい」「喜ばせたい」と思います。これは本心で思っていることでもあり、あなたに気に入られようとアプローチをしている行動でもあります。まだ付き合ってもいないのにサプライズを頻繁にしてくれたり、なんでもない日にちょっとしたプレゼントを貰えたら嬉しいですよね。

こうしたことから男性は常にあなたに喜んでもらえることを考えています。一緒に居てワクワクすることばかりが起きる男性なら、脈ありだと考えて問題ないでしょう。なぜなら、好きでもない女性に対してわざわざ時間を作ったり、サプライズをしたり、プレゼントを買いに行くなんて行動は男性からしたら手間でしかないからです。相手の好意に気が付いたら、あなたからもどんどんアプローチをしていくと順調に交際へと発展できます。

ワクワクすることをいつもしてもらっているのであれば、今度はあなたが相手をワクワクさせてあげると、もっと仲が深まり、グッと距離も縮まります。また、普段とは違う髪型やメイク、ファッションを褒めてくれるのも、あなたに好意がある証拠。好きな相手だからこそちょっとした変化にも気が付き、男性からするとその変化が可愛くてしょうがないんです。どんな理由であっても、一緒に居てワクワクすることばかりが起きるのであれば今後の関係に期待大です。

カラフルな文章

片思い中の男性の連絡先を知っている女性は多いかと思います。男性の性格にもよりますが、男性は好きな女性にだけカラフルな文章を送る傾向があります。例えば好意のない女性には文章だけで返信するが、好意のある女性には絵文字やスタンプを使って華やかでカラフルな文章で返信をしがちです。これは、「機嫌が悪いと思われたくない」「そっけない男だと思われたくない」「やりとりをしていて楽しいと思われたい」という心理が働いています。

ただ、こうした男性の行動は本当のことがわからないというのが難問なのです。好意がある・ないに関係なく誰にでもカラフルな文章を送る男性も居ますし、片思い中の男性が自分以外の女性にどんな文章を送っているのかなんて分からないですよね。そのため、絵文字やスタンプを使っている華やかでカラフルな文章が送られてきても、自分に好意があるかどうかは非常に判断しにくいのです。

片思い中の男性が自分のことをどう思っているのかこっそり確認したい場合は、男性とあなたの両方と関わりのある女性に「○○さんって結構絵文字とかスタンプを使ってくれるよね。対面じゃないからこそああいう文章だとそっけない感じがしなくて良い」などと、日常会話のようにサラッと言うと自然に聞き出すことができますよ。その際に「え?○○さんいつも文章だけなんだけど。絵文字とかほぼつけられたことないよ」などと言われたら、男性はあなたに好意を抱いていると確信していいでしょう。

エス

453,732 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。