ダイエットを成功させるには食べて痩せること

ダイエットをしていれば、カロリーや糖分、それに脂肪分などといったように肥満に直結しそうなものばかりに目が行ってしまいがちですが、

砂糖や炭水化物、脂分や肉類を全く摂らないダイエット方法をしたことのある人も多いでしょうね。

 

しかし、体に不必要な栄養素は炭水化物や脂肪分を含めて何一つ存在しないのが事実です。

肥満に直結するとされている糖分や脂肪もエネルギーのもととなる、なくてはならない栄養素となります。

このうち、何か1つでも欠けるとなれば、どこかから調達しなければならないために余計に肥満になるばかりか体の不調をも招きかねません。


 

 

無論のこと、あまりに食べ過ぎるのはもってのほかなのですが、

ダイエットをしているからといって肉類や糖分を極端に摂らないダイエット法は避けるべきであって、

バランスよく食べることが大切です。

 

■食べたいものを食事する

つまり、この方法は量よりも質を優先させていくことによって、

ダイエットにつきものなストレスを減少させていくものです。

無理な食事制限をするばかりではダイエットに適さないことは上記でも述べたとおりですが、

質に注目することによって量を抑えることが可能になってきます。

 

■食べ方自体を変える

ダイエットでは、食事の量やカロリー面のみにとらわれてしまう人が多いのが現実ですが、

食べ方が大きく左右していることをご存知ですか?

 

食べ方1つで血糖値の上昇を防止でき、インスリンの分泌を抑えることにもつながってきます。

 

■食べる順序

肥満の要因となるインスリンの急上昇ですが、これは炭水化物に左右されてきます。

しかし、炭水化物を一切摂らないダイエット法が失当であることは上記でも述べたとおりで、

炭水化物を摂りつつインスリンの急上昇を防止するためには食物繊維が含まれている

野菜から摂取していくことがコツでもあるわけです。

 

野菜の後に肉類や魚類などのタンパク質を摂り、さらにその後で炭水化物を摂取していくという

順序を重視することによってインスリンの急上昇を防げるというわけなのです。

■食べる時によく噛む

よく噛むことは、当然早食いの予防にもなってくるためにオススメです。

早食いをしてしまえば、満腹になる前に本来の食事量よりも多くを食べることが可能となるので、

カロリーの摂り過ぎを招いてしまいかねません。

早食いは、あくまでクセの1つに過ぎないために、自分で感覚的に制御を行うことは簡単ではありませんから、

最初の段階では時計やストップウォッチを見ながら食べても良いかも知れません。

 

同量を食べていても、食事の終盤あたりにはとて満腹感に至っていると考えられます。

上記のような方法は、今すぐにでも取り掛かることの出来るものですから実行していきましょう。

 
もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら
下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

  1. 女性がアクティブに人生を送るために必要不可欠な「女性保険」。今回は、そんな女性保険の…
  2. カメラ女子というワード。最近では耳にすることが多くなったという方がたくさんいらっしゃ…
  3. [toc] ■インスタ映えするチーズタッカルビってどんな料理? 最近SNSで…
  4. [toc] 〈⒈〉感情の法則とは? 一般に「感情は放っておくとだんだん収まってく…
  5. アニメといえば、かつては子供が楽しむものでした。 しかし、日本のアニメ技術やストー…
  6. 寒い冬に最も欠かせないのが、アウターですよね。防寒アイテムですし、1番上に羽織るものなので、大きなフ…
  7. 何か証明できるスキルがほしい! そんな想いから、資格の勉強を始める人が増えています…
  8.  洋服って何枚も欲しいけど、流行りすたりがあって、せっかく買ったのに次の年は着れない…
  9. なんか最近、いろんなことが上手くいかない、とお悩みの方はいらっしゃいますか? いろ…
  10. 20代女性のみなさん! 唐突ですが、貯金してますか? 総務省の調査によると、女性の年収…
2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページ上部へ戻る