懐かしの「キューティーブロンド」は今観ても元気が出る

懐かしの「キューティーブロンド」は今観ても元気が出る
エンタメ

「キューティーブロンド」という映画をご存知でしょうか。2001年のラブコメ映画ですが、最近もミュージカル化され、根強い人気を誇っています。主人公は、リース・ウィザースプーン演じるブロンドヘアのエルというお嬢様で、ファッションやパーティーが大好きな女の子です。しかし、エリートのボーイフレンドにふられたことをきっかけに、彼を追ってハーバード大学のロースクールに入学するのです。いやがらせにも負けず、可愛さとポジティブシンキングで問題を解決していくエルはまさに女性のあこがれであり支えでもあります。そんなキューティーブロンドの主人公の魅力とおすすめの理由をご紹介します。

 

主人公がキュート

まずは主人公、リース・ウィザースプーン演じるエルのキュートな魅力です。
お嬢様らしくいつも子犬を連れて、大好きなピンクのお洋服を身に着けてハーバードに乗り込みます。
その秀才ハーバード大学生のイメージからかけ離れた姿に、周囲の学生たちも「バービー」と揶揄することも。
しかし実のところ、エルは女子社交クラブでも会長を務め、パーティーを仕切ったり、女子トイレの紙の質に言及したりと行動力とリーダーシップの備わった女性なので、当然自分に自信もあります。
そのため、ピンクのお洋服や振る舞いをからかわれても少しもへこたれません。
今まではファッションとパーティーに夢中だっただけで、ひとたび法律を学ぶとなれば、そのプライドはいい方向に働くのです。

ブロンドはおバカ?エルはキュートで性格もいい

アメリカでは、金髪ブロンドヘアとこげ茶のブルネットでは固定されたイメージがあるのです。ブロンドは、どちらかというとバービー人形のような可愛さなどの容姿だけが売りという偏見、対してブルネットは真面目で上品なイメージです。そして、エルのボーイフレンドが選んだのもブルネットヘアの上品で少し地味な女性。つまり、ボーイフレンドでさえ、ブロンドヘアのエルは可愛いけど結婚向きじゃないと考えていたということです。しかし、映画の中では、エルがいかに機転が利いて、正義感が強くて、人に温かいかがよく描かれています。

 

エルのここが素晴らしい

まず、エルがまだロースクールに目覚める前のこと、いつものように友人とショッピングを楽しんでいると、値下げされたドレスの値札を隠して、店員さんが正規の値段でドレスをすすめてきます。「今年の新作?」と興味を示すエルですが、そんな店員の思惑は見透かしており、「去年のファッション誌で見たわ、それをディスカウントもなしに売りつけるなんて」と買わずに店を後にします。ファッションが大好きだからこそ、すみずみまでチェックし、さらに店員さんの質もきちんと問題視しています。ロースクールでうまくいかないエルは、ネイルサロンの年上店員さんに愚痴を聞いてもらい仲良くなります。落ち込んでいる彼女を励まそうと、男性を落とすテクを披露、サロンのみんなを巻き込んで楽しくレクチャーをしちゃいます。人懐っこくて周りを引っ張るエルの魅力がよく表れています。さらに、エルが周囲と馴染めない頃、手助けしてくれだ男性にも恩返しをします。彼はモテモテタイプではなく奥手な方、女性をデートに誘っても小バカにしたような物言いであしらわれてしまいます。それを見かけたエルは彼に近づきほっぺにビンタし、「あんなホットな夜を過ごしたのに連絡もくれないなんて!」と言い去っていきます。さすがモテ子のエル、男性心理も女性心理もよく分かっています。口説かれていた派手めな女性は急に態度を変え、デートに応じてくれるのです。確かに、ぱっと見さえない男性でも、エルのような派手な美人からモテていたと分かれば付き合ってみたいと思うものです。

以上、キューティーブロンドの魅力をご紹介しました。
キューティーブロンドは明るく楽しいラブコメなのですが、法廷のシーンもありエルがもちまえのファッションの知識と人を信じる心で切り開いていく姿も見られます。
彼氏をゲットして終わり、ではなく、自分に自信を持って、人に対して誠実で、プライドを持って日々を生きることの大切さも明るく教えてくれる作品です。
どことなくセーラームーンのような、愛と正義のために戦う戦士と重ねて観ることもできると思います。

エス

213,995 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。