最終兵器俺達のメンバーYouTuberキヨの魅力について

エンタメ

キヨという人物を知っていますか。彼はYouTubeで動画を投稿しているYouTuberです。また4人組のゲーム実況グループである「最終兵器俺達」のメンバーの一人でもあります。単独でもゲーム実況をしたり本人が登場するいわゆる実写実況というものをしています。彼はYouTube好きの方々では知らない人がいないくらいの人気者で、私も彼の魅力に惹かれている一人です。今回はそんなYouTuberキヨの魅力についてお伝えしたいと思います。

 

ここがいい!キヨの魅力のポイント

キヨはグループでも単独でもゲーム実況をしている動画がよく見られます。キヨのゲーム実況はゲームを進める上で登場人物のアテレコをしたり、ゲームの概要を説明したりして話を進めていきます。その際にゲームの展開予想やキャラクター考察もよく実況していたりしています。このゲーム実況の観点からキヨの魅力を見ていきたいと思います。

①キヨのアテレコ

キヨは登場人物のアテレコが上手です。登場人物が多くいるときでも声を一人で使い分けることができるのです。女性や男性の声もどちらとも視聴者にわかるように声音を変えています。、また年代によっても話し方を使いわけます。例えばおじさんをアテレコするときには、少しだみ声で語尾を強めに発音します。子どものアテレコをするときには、少しおぼつかない口調で高めの声で発音します。このようにどんな年代の人物でも演じきってみせるのです。他にもクールな妙齢の男性のセリフを少し低めの声で冷たそうに発音したり、ギャルのセリフは一転高めの声でハイテンションに発音したりと、様々なタイプに合わせることができます。

②キヨのサクサクプレイ

時々別の人のゲーム実況を見ているときに、実況者のゲームを進めるテンポが遅いときがあります。謎解きに異様に時間がかかったり同じエリアを行ったり来たりしてるのを見ると少し退屈です。ですがキヨはゲーム実況の数だけでもかなり多くゲームを攻略しているのでゲーム進行が早いです。マップはすぐ覚えるからあまり迷うことはないし、謎解きも速攻で解いてしまいます。またこのペースが早めに感じる人のためにも後でゆっくり解説してくれるのでわかりやすいです。そんなキヨでもゲームが進まない時もありますが、その都度動画をカットしてくれるので視聴者にとってストレスなく見られます。またカットしたことを正直に話し攻略にどのくらいかかったかを実況するのも面白いです。

 

キヨのおすすめ動画

キヨは多くのゲームを実況しています。そこでおすすめのゲーム実況動画を紹介したいと思います。

①らせんの宿

このゲームは赤おばさんという怪物や亡霊がはびこるらせんの宿にとじこめられた登場人物らが謎をときながら脱出を目指していくゲームです。このゲーム実況のおすすめはめったにびびらないキヨが怖がっているところです。キヨはホラーゲームも多くプレイしているので脅かしのギミックなどあらかた把握しているようなのですが、そんなキヨでもこのゲームは怖かったようです。特に赤おばさんから逃げるとき、口では余裕な言葉を発しながらも追いつかれてしまって叫ぶしかできなくなっています。怖がっているのが新鮮で面白いです。また謎解きも少し凝っていてキヨが苦戦しているのも珍しかったです。キヨのなかなかない姿が見られるゲーム実況動画だと思います。

②怪異症候群

このゲームはとある事件で怪異に巻き込まれていく主人公が奮闘するゲームです。シリーズもので現在怪異症候群3まで動画をあげています。このゲームではキヨのアテレコ技術が光ります。女子高生からクールな警察官まで様々なタイプの人物が登場しますがちゃんと演じ分けています。特に高木というキャラクターの演じ方が素晴らしいです。作中で思惑が分からないミステリアスな人物、加えておちゃらけた性格という難しいキャラクターで描かれています。キヨはそのおちゃらけた雰囲気を保ちつつもどこか謎が深い怪しい声音でアテレコするのです。ミステリアスとおちゃらけという相反するタイプを共存できるのはキヨのアテレコ力ならではだと思います。このゲームは登場人物が多いのでキヨの様々なアテレコが聞けるのもおすすめな点です。

キヨの魅力について説明しました。視聴者のことをよく考えていつも面白い動画を作ってくれるYouTuberの鑑なので、人気者になるのも頷けます。キヨのこれからの活躍に期待です。

エス

161,375 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。