女性からデートの誘い方、彼が面白いほど行く気になる!

彼をデートに誘いたいけど、女性側から誘うのは勇気がいる……という人や、

断られたら嫌だしなんて誘ったら彼が行く気になるか分からない、という人も多いのではないでしょうか?

 

今の時代、女性からデートに誘ってももちろんOKです!男性からデートに誘われるのを待っていたら、なかなか彼氏を作るのは難しいけど、デートに誘うことさえできれば効率よくもう1ステップ先に進むことが出来ます!

これを読んだらあなたも誰かをデートに誘ってみたくなるはず。





〇デートから始まる恋愛もアリ!まずはデートして相手を知ろう!

 

まだ相手のこと何も知らないし、デートに誘う程興味があるわけじゃないし、と思う人もいるかもしれませんが、デートに誘える範囲に男性がいるのであれば、考える前にまずデートをしてみることをおススメします。

 

・1つ目の理由としては、デートも経験あるのみなのでいきなり本番の彼とデートするよりも、男性はどんな女性を好むのかとか、どんな話題で盛り上がるのかとか男性の趣味嗜好を知ることが出来ます。

また、初デートは特に相手とのコミュニケーション能力を試されるテストのような場なので、初対面の人とも緊張せず話せるようになるためには、回数を重ねて場慣れする必要があります。

いきなり本命の人とデートして、緊張して何も話せなかったのではもったいないですよ。いろんな人とのデートを楽しんで、恋愛経験値を上げて下さい。

 

・2つ目の理由は、デートする前に相手のことを知らないのは当たり前だからです。

好きになってからデートを始めているようでは、あなたが素敵な男性に出会える確率はぐっと減ってしまいます。

あなたがすでに出会っている人は、あなたが知らないだけで素敵な人かもしれません。

デート自体は告白でもなんでもありません。

ただのデートです。この人が彼氏か…と考えすぎてしまう前に、彼の良いトコロを見つけにいこう!ぐらいの軽い気持ちでデートに誘ってみましょう。あなたが彼のことを彼氏にしたいかどうか、またはまたデートしたいかどうか判断するのはその後にしましょう。

 

・3つ目の理由は、デートすることのデメリットが無いに等しいからです。出会った男性が意外と馬が合って、彼氏彼女になれそうであれば最高にラッキーな運命の出会いです。

もしデートした男性が、仲良くなっても男友達止まりだったとしても、あなたに男性の気持ちを教えてくれる良い恋愛の教師になってくれるかもしれません。はたまた彼が彼の友達を紹介してくれて、新しい出会いに繋がるかもしれません。

最悪、デートした相手がたまたま変な人だったとしても、変な人を見分けるための良い経験になったと言えます。たくさんデートを重ねれば重ねた程、あなたの恋愛レベルは上がっていくと言えるからです。

 

 

 

〇女性からデートに誘われると、男性は案外嬉しいもの

 

女性からデートに誘われて嫌がる男性なんていません。男性は「モテた」ということに価値を感じる単純な生き物です。デートに誘ってきた女性が自分のタイプじゃなかったとしても、男性側からしてみれば女性が自分に声をかけてくれてた、という事実が男性のプライドを支えます。

 

それは男性にとって、「この人俺のこと好きなんじゃないか?」と勘違いさせるかもしれませんが、それはデート中のあなたの彼への態度で彼に表現できます。あなたが彼のことを気に入ったら「気になったから誘ったよ。」という態度で示せばいいですし、この人ちょっと違った、と思ったら「誰かと一緒にお出かけしたかっただけだよ。」となんとなくかわすのもアリです。

 

ここまでは何も悪いことはしていません。気がないのに必要以上に相手に気を持たせる行為は少しアンフェアな気がしますが、ただのデート止まりなら大丈夫です。

 

 

〇わかりやすく大胆にアグレッシブに誘う!謙虚な質問は面倒なだけ!

 

女性からデートに誘うときは、彼のキャラクターをある程度理解してからにしましょう。あくまでも自分からデートに誘っているので、全て彼任せではいけません。彼のキャラクターにもよりますが、まだ関係性が薄い状態ならあなたがプランの提案者になった方がデートまでの道のりはスムーズに運びます。

 

例えば「水曜日の夜に○○っていう映画見に行かない?」とか「週末動物園行きたいんだけど、一緒に行かない?」とか具体的なデートの内容や日にちも提示した提案が良いでしょう。

断るときも「その映画には興味がない。」とか「その日は他の予定があるからごめんね。」とか相手も断る理由付けがしやすいでしょう。相手に逃げ道を作っておくのは、誘う側の優しさだと思います。

 

誘いたいときはあっさりと誘って、断られても気にしないのが一番です。断られた理由を「なんで忙しいの?」とか聞き返すのはもってのほかです。相手が断ったのでされば、それを受け止めて、さわやかに「OK!また誘うね!」とか気に留めない様子で返事をしましょう。

 

ダメなよくあるパターンがこれです。

「暇ならなんかしない?だめなら大丈夫だけど。」

 

この質問は逃げ道だらけです。この後もし彼がOKしてくれたとしても、その先の話も進めにくいので、デート自体が嫌じゃなくても、デートプランや時間の予定を考えるのが面倒で断られやすいです。

質問する側が謙虚に見せかけて、質問が雑で投げやりすぎるのです。さらにダメなら大丈夫っていう言葉から「謙虚に見せかけ、かまってオーラ」が伝わってきて余計と逃げたくなってしまうものなんです。

 

ストレートに相手をデートに誘ったり、素直に気持ちを伝えることは難しいことですが、相手の心理を分からないまま探っているよりも案外と単純なことなので、勇気を出して一歩進んでみて下さい。

 

好きな人がいる人は少し慎重になってくださいね!誘うのも誰でも良しではなく、好きな人だけを誘ってください。他の人を練習のためにデートに誘うのもなしです。相手に色んな人を誘っていることがバレて、男たらしだと思われてしまわないように要注意です。

 

 

〇それでもダメなら1歩引いて、相手が誘い返してくるのを待とう

 

断られてもそれほどダメージを受ける必要はありません。断られたら相手に何かしらの都合があるのでしょう。

2,3回まではその調子で誘ってみて大丈夫です。それでも断ってくるようであれば、1歩下がって、それ以上誘わないようにしてみましょう。

彼があなたに何の感情が無かったとしても、何度も誘ってくれてる相手を何度も断れば、相手は多少は罪悪感を感じるはずです。何にも思わないような人なら、あなたに相当興味がないか、ちょっと嫌がっているか、人として鈍感か何かでしょう。

 

ほとんどの人は今まで何度も出かけることに誘ってきた人が、急に誘わなくなると「なんでだろう?俺悪いことしたかな?」と思います。相手から誘ってくれるのを少し待ってみることにしましょう。

大抵の場合「この前は一緒に行けなくてごめんね?まだあの映画見たい?」みたいな感じで代替案の提案が来るはずです。ここまでたらこっちのものです。

 

 

〇男性をデートに誘うときのスタンス

 

自分に自信がなかったり、相手との距離感を感じてしまうとなかなかデートに誘いづらいですよね。

でもどんな人でも自分のことを好きと言って寄ってきてくれる人を嫌がる人はいないです。しつこすぎたり、性格がひねくれていたりすると相手に嫌われてしまうかもしれませんが、素直なあなたが相手に「好き」「興味がある」という気持ちをふんわりとアピール出来れば、相手もあなたのことを見てくれるようになります。

その気持ちが上手く伝わらなかったとしても、あなたの伝え方が不十分なだけで、相手があなたの魅力に気付いていないだけかもしれませんよ?

すべての女性は1人1人違った何かしらの魅力を持っているはずです。

 

まずは自分自身が自分の魅力やアピールポイントをしっかり理解して、アピールしたい相手の気持ちも十分に汲んで、自分の魅力を存分にアピールしてみて下さい。

彼氏が出来ないと思っている人も、男性からモテないと思っている人も、きっと世界が変わってみるはずです。

 

 

■まとめ

皆さんは男性をデートに誘ったことはないですか?合コンで1度あっただけの人や、友達の友達、サークル活動で出会った人など、なんとなく気になる人がいるのであれば誘ったもの勝ちです。

でっかく出会っているのに、その出会いをスルーしてしまってはもったいないです。

 

出会って1回だけでお互いの魅力に気付くのはなかなか難しいことです。

デートを重ねて、相手を知る努力を、相手にあなたの魅力を伝える工夫をしてみましょう。

あなたから声をかけて行動すれば、すでに出会っている彼はあなたの特別な人になるかもしれませんよ。




もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら
下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. [toc]■クラフトビール人気で変り種のビールが人気に ・本格志向の女性が増え…
  2. [toc]■体重が減らないダイエットも増えている ・体を絞り込むことが重要に …
  3. [toc]■仮想通貨女子が急増している ・仮想通貨の情報を発信する女性が増…
  4. 京都、奈良といえば、小学校の修学旅行の定番ですよね。小学生だけでなく、何回も京都にハ…
  5. [toc] ■今年はユニークなクリスマスケーキやメニューが多い? ・味だけでなく…
  6. 美白化粧品とは? 化粧品の表記でよく使用される「美白」とは日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを示…
  7. [toc] ■自分だけがキレイ、幸せ?それもいいけど・・・ 美味しいもの…
  8. [toc] 【レジンアクセサリーの基礎】 ●そもそもレジンとは? レジンという…
  9. [toc]■サードウェーブから抽出方法へのこだわりへ ・高品質のコーヒ…
  10. 出かける前に、クローゼットの前で何十分も悩んだことはありませんか? 適当に選んでイマイチなスタイリ…

注目の記事

ページ上部へ戻る