ワクチンは怖いって本当?正しい情報を探してみましょう

ワクチンは怖いって本当?正しい情報を探してみましょう
美容・健康

最近ニュースでよく耳にする風疹や麻疹などは、妊娠中に感染することで生まれてくる赤ちゃんに聴覚障害が残ることなどが知られており、ワクチンを接種することで予防することができるといわれています。しかしその一方で、ワクチンに入っている成分が赤ちゃんに有害であり、ワクチンを受けないことを勧める情報なども目にすることがあります。
たくさんの情報があるなかでどの情報を信じるべきか判断に迷ってしまうお母さんも多いかと思います。そこで、「ワクチンを接種すべきかどうか」ではなく、ワクチン接種を悩んだときに確認するべき内容を紹介いたします。

 

信頼できる情報はご自身で見極めが必要

ワクチンって怖い?安心?

ワクチンに対する様々な情報・意見がSNS所で溢れているため、不安になってしまうお母さんも多いかと思います。私も長女出産後に不安になりましたが、知り合いの小児科の先生に相談した際の先生の「不安に思っているだけではダメ。自分でしっかり調べて考えてください」という言葉でワクチンに対する向き合い方を変えることができました。「怖い」「安心」という2択ではなく、「理解し考えた上でどう考えるか」がとても大切だと感じたのです。

ワクチン情報は何を調べればよい?

先生からの言葉を受けてワクチンに関する情報を調べようとしましたが、医療知識のない私には何をどう調べればよいのかすら全く分からず、最初は戸惑ってしまいました。
そこで、先生のアドバイスを基に「(ワクチンで予防できる)病気はどんな病気なのか」「その病気にかかるとどんなリスクがあるのか」「どうしてその病気にかかるのか」「ワクチン以外でその病気を防ぐことはできるのか」の4点を調べるようにしました。

 

実際に情報を集めてみよう

情報源はしっかり確認

調べることが明確になると、簡単にインターネットで調べることができました。しかし、いろいろなサイトで様々な情報が載っており、どの情報を信じてよいのかが分からず、再び壁にぶつかってしまいました。
その際に私が意識したことは、信頼できるサイトの情報を読むことです。どうしても自分が同調したい意見がのっているサイトばかりを読みたくなってしまいますが、偏りが出ないように「厚生労働省」や「国立感染症研究所」などの公的機関のサイトを見るようにしていました。また、病気に関しても大学病院などが患者さん向けに書いたサイトを参考にしてみました。一方で、SNSなどの発信源が分からない情報はなるべく読まないように気をつけました。

調べて変わった?ワクチンへの意識

ワクチンや病気に対して自分で情報を集めることは私にとってとても有効な時間でした。今まで漠然と不安に思っていたことの整理がつき、小児科の先生にもワクチンに対する質問を明確にすることができるようになりました。そして、先生も私の質問に対して専門的な見解を含めて丁寧に意見を教えていただけるようになり、納得した上でワクチン接種の要否を判断できるようになったのです。
ワクチンに対して「どういった効果・リスクがあるのか」というように良い点も悪い点も両方ともしっかりと把握できるようになったことは大きな意識の変化でした。

 

まとめ

以上が私が経験したワクチン接種に関する対応です。
初めてみる医療単語も多く難しさもありましたが、調べることで自分の判断に自信を持つことができました。
ワクチン接種に対して様々な情報が飛び交う中、不安に思っているお母さんも多いかと思いますが、お子さんの将来に大きな影響を与える可能性もある内容ですので、十分に情報を収集し検討されることをおススメ致します。

エス

150,001 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。