短時間でも目覚めパッチリ!簡単にできる睡眠の質を高める方法

短時間でも目覚めパッチリ!簡単にできる睡眠の質を高める方法
美容・健康

働く女性にとって睡眠時間はとても貴重です。一日の仕事の疲れを癒やすためにたっぷり睡眠時間を取りたいところですが、ある調査によると働く女性のうち十分な睡眠時間を確保できているのは約3割しかおらず、睡眠不足は深刻な悩みとなっています。
なかなか時間がとれない中で睡眠を改善するにはどうすればいいのでしょうか。今回は、睡眠の質を高める方法を紹介します。

 

睡眠前にコンディションを整えよう

睡眠の質を高めるのに効果的なのが、睡眠前にコンディションを整えてから布団に入ることです。どうせ寝てしまうんだから面倒なことをせずさっさと休みたい、と思うかもしれませんがそれは大きな間違いです。コンディションによって睡眠の質は大きく変わります。多少時間はかかってもきちんと準備してから布団に入ることで短時間でもしっかり眠れる質の高い睡眠が実現します。

睡眠の質はコンディションに強い影響を受ける

疲れた身体でなにもする気が置きず帰宅したらベッドへ一直線。そんな女性は珍しくありませんが、睡眠の質に関して言えばオススメできない行動です。
睡眠の質というのは睡眠に入る前の体調に強く影響されます。疲れたまま眠ってしまえば疲労状態の身体で数時間過ごすことになり、眠っている身体に疲労が重くのしかかります。疲労回復するはずの睡眠でさらに疲れが増してしまっては健康上大きな問題です。

睡眠前にオススメのコンディション調整法

睡眠前にはお風呂に入って体をリラックスさせましょう。湯船に浸かるのが理想ですが、時間がなければシャワーでも構いません。お風呂にはいることで疲労状態から開放され、睡眠で疲れが取れやすい状態へと変化します。
空腹状態で眠るのも好ましくありません。食事を摂るのが億劫でも空腹状態で眠ってしまうと飢餓状態が数時間続くことになり、体内に蓄えられていたエネルギーが余計に消費されてしまいます。蓄えていたエネルギーを消費するには体力を消耗するため、寝ている間に体力が回復するどころか余計に疲れてしまいます。満腹で寝てしまうと消化に余計なエネルギーが必要になるので、空腹を感じない程度に食事をとってから眠りにつきましょう。腹具合も立派なコンディションです。
肩こりに悩まされている方跳ねる前にかならずストレッチをして関節や筋肉を解しておきましょう。体が緊張状態のまま眠ってしまうと全身がカチコチになってしまいます。関節を回したり体を伸ばしたりといった程度の簡単なストレッチでもやるとやらないとでは見違えるほどの違いが表れます。

 

睡眠の質を下げてしまう目への刺激

睡眠の質を下げてしまう大きな要因が「目への刺激」です。睡眠前に強い光などが目に入って刺激を受けると脳が反応してしまい、眠気を促進するメラトニンというホルモンの分泌に乱れが生じます。ホルモンが乱れルト睡眠時間の割荷室が低くなってしまい長時間眠っても疲労が抜けきらなくなってしまいます。目をいたわることが質の高い睡眠への第一歩です

スマートフォンは快眠の大敵

布団の中でスマートフォンをいじっていたらいつの間にか眠っていた。そんな経験のある方もいらっしゃると思われますが、睡眠の質的には最悪の行動です。
スマートフォンのモニタから出る光に含まれるブルーライトは目に強い刺激を与える性質を持ちます。寝る直前までスマートフォンの画面を見続けていると光の刺激により疲れているにもかかわらず脳だけが活性化した状態になってしまいます。そのままの状態で眠りにつくと体は眠っているのに脳だけが十分に眠れず、朝起きると激しい疲労感や倦怠感に襲われます。
睡眠の質を高めるには少なくとも就寝の1時間前にはスマートフォンの使用をやめましょう。テレビやパソコンも同様です。目を休める時間をつくってから布団に入ると短時間でも質の高い睡眠が実現します。

部屋はできるだけ暗くする

暗い部屋だと眠れないという人もいますが、明るい部屋よりも暗い部屋のほうが睡眠の質は高まります。まぶたを閉じている状態でも光の刺激は完全に遮断できません。明るい部屋で眠るのは常に光の刺激を目に浴びているのと同じ状態なので、暗い部屋で眠るのに比べると睡眠の質は低下します。
なるべくなら暗い部屋で眠るか、明るい部屋で眠るならアイマスクで光を遮断すると睡眠の質が高まります。

質の高い睡眠をとると短時間でもしっかり体調が回復します。時間を有効に使う意味でも睡眠の質を高める努力をしてはいかがでしょうか。

エス

158,084 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。