女性に人気のマンガ「七つの大罪」とは!?

趣味

今回おススメするのは漫画「七つの大罪」です。現在もマガジンで連載中のマンガですが。次々に続編がアニメ化している人気作となっています。一見、アクションシーンが多めのゴリゴリ少年漫画のようですが、実は女性も楽しめると話題にもなっています。実際に女性ファンも多いようで、ネットで話題になっていました。なぜ性別を問わずに人気を博しているのか?説明していこうと思います。

 

1.個性豊かなキャラクター

七つの大罪の一番の特徴といってもいい、見事に個性バラバラな登場人物達です。本作は、「人と人ならざる者が存在していた時代」の話で、人間族の他に妖精族、巨人族、妖精族、魔人族、女神族という様々な種族が出てきます。物語メインとなる七つの大罪という騎士団も各種族から出てきたはみ出し者集団で、構成されています。ここが、性別を問わずに好かれる要因の1つと思っています。普通の少年漫画であれば、いかに主人公が格好をつけるか?が人気の鍵を握っています。しかし、本作の主人公の1人メリオダス(七つの大罪騎士団団長)は誰にも知られてはいけない闇を抱えており。実は敵方の種族であると言う点があります。主人公実は元悪党?!という展開、そして、主人公を取り巻く七つの大罪騎士団の団員達はそれぞれに悲しい過去を背負いながらも懸命に前を向いている姿がとても勇気をもらえる。緊張するとおっさんに変身してしまう妖精王とか、不死身の薬を飲んだ元盗賊の人間とかが仲間にいる。そして決して団長を見捨てないチームワーク。ドラマティックに進む物語は女性にも受けること間違いなしです。

 

2.世界観

先ほども書きましたが、本作は人と人ならざる者達が存在していた時代の物語です。世界観はファンタジーあふれる内容になっていますが、物語を通して見えてくるのは中世ヨーロッパのような街並みや王国の存在です。特に物語の世界観を支えているのが、本作のヒロイン、エリザベス王女です。女性が一度は憧れる王女様というポジション。そしておしゃれで可愛い街並みで繰り広げられるストーリーは女の子心をくすぐるのではないでしょうか?物語はエリザベス王女が聖騎士長達の画策で崩壊し始めた自国を救うため、七つの大罪を探すところから始まります。危機を救うために現れる七つの大罪というヒーロー、お姫様になって白馬の王子様に助けてもらいたいという夢を女性であれば一度は考えた事があるはず。本作はそんな物語の設定も女性心をくすぐる要因の1つではないかと思います。

 

3.キャラクター達の恋愛模様

本作は少年漫画ながら、少女漫画のような恋物語も複数出てきます。例えば、妖精王と巨人族の女の子の恋、かつての記憶を失ってしまった女の子は、妖精王の事を忘れてしまっている。妖精王も記憶を消した事を伝えずにいたのに、巨人族の女の子は大切な思い出は消せない。とひょんな事から記憶を取り戻し、自分の気持ちに気づきます。他にも、3000年越しに生まれ変わった王女様の魔人族の王との恋、一度、自分を守って死んでしまった妖精の巫女を生き返らせるため、自分の一生をかけて旅に出る人間。など様々な恋愛模様が展開されます。しかも、どれも泣ける物語になっているんです。種族を超えた恋愛を通して、世界が1つになっていく様子も見る事が出来る。途中で、あれ?少女漫画かな?って思うくらい個性豊かなキャラクター達が様々なドラマを生きていく。これは、男性女性問わずに楽しめるポイントだと思います。特に私が好きなのは、妖精王キングと巨人族の女の子ディアンヌの恋。お互いに思い合っているのに、色々な事情で記憶を操作されたり、問題が起きたりして中々くっつけない。ディアンヌが記憶を取り戻してキングと分かり合えた時は本当に感動しました。

エス

161,384 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。