男女で考える女子力が違う?考えにズレが出るポイントとは

 

■男女で女子力の認識が大きく変わる!

女子力と一言で言っても、男女で認識が大きく変わります。男性が思う女子力と女性が思う女子力では大きな溝があるのです。
ポイントになるのがキレイや可愛いに対する敏感さで、女性の方がどうしても敏感になるからです。男性の場合は女性ほど女子の事情がわからないため、鈍いところがある点に注意が必要です。

 

■女性にとってキレイやかわいいは当たり前

女性にとっての女子力は、キレイやかわいいといった当たり前を超えたところにあります。もちろん、助成らしさという意味で家事などのスキルが評価されることもあります。しかし、むしろ気遣いの部分や細やかさに評価がいくことが多いのです。これは、かわいいやキレイが挨拶代わりになっていて、どこまで気がつけるかが大切になるからです。

たとえば、料理の場合は材料の品目の多さや写真栄えなどが評価されるポイントになります。ファッションであれば小物使いや、ネイルと服の組み合わせなど、細やかな部分が良く見られます。全体の印象だけでは物足りないのが女性の心理で、細かい部分にまで神経を使えているかで女子力の高さが判定されることが多いのです。

 

▼かわいいやキレイをつくり込めるのが女子力

女性にとって、かわいい服を着て、キレイに着飾るのは常識になっています。もちろん、TPOにあわせることも大切で、場面でしっかり切り替えることも大切です。似合わないと思っても無理に指摘しないのもマナーで、口が悪いと認識されれば女子力も低いと認定されます。大切なのは、本人の努力や工夫を見て、どこがよいかを察する力なのです。

ファッションの工夫などがわかれば、自分が応用できるのもポイントになります。褒めれば相手からの好感度もが上がるため、褒めた側も女子力が高いと認識されます。結果として、かわいいやキレイをしっかりつくりこむ人や、憧れのライフスタイルを過ごせる人ほど、女子力が高いと認識されやすくなるのです。

 

▼女子力はグループで評価のポイントが変わる

女性の女子力は、グループで評価のポイントが変わるのも特徴です。例えば、インスタグラム映えする写真などをアップすれば、一部の支持層で女子力の評価が上がります。実際にマネをしたいと言う人が出てくる可能性もあります。

一方で、ファッションやグルメなど、一部分にだけ女子力を見出す層は、写真の中に欠点を見出してしまいます。ファッションでも個性派ファッションに女子力を見出す人や、モード系に女子力を見出す人がいるのです。男性に対するモテ意識を極端に嫌う人がいるのもポイントになります。

ある程度共通する部分はあるものの、女性全体で女子力の考え方を統一することは難しくなっています。無理に否定する人の意見を取り入れるよりも、自分なりの魅力を追求した方がプラスになるのです。

 

■男性の場合はそもそものキレイやかわいいがわからないことも

男性が感じる女子力は、女性の認識するスタートラインよりも前にあることがほとんどです。これは普段からかわいいやキレイに目がいく人が少なく、異性を見る場合も顔やスタイルが中心でファッションが二の次になることが多いからです。

女性に通じる女子力の高いファッションは、男性にとって全く理解できないものであることが多いのです。
そのため、外見以外では単純に料理が作れるか、自分に優しくしてくれるかなど、単純な理由で女子力を評価するケースが多く、男受けする女子力はモテ力に直結しやすいのです。

 

▼男性に女子力の理解を求めるのが危険なことも

男性と女性では求める女子力の基準が違うため、喧嘩の原因になることもあります。例えば、ネイルです。女子の間ではネイルは個性とオシャレ間をだす絶好の女子力アピールポイントです。しかし、男性はネイル自体に興味がないことがほとんどで、「料理をするのに邪魔なのでは?」と思ってしまうことが多いのです。

もちろん、ネイルの良さに気づいてくれる男性もいますが、少数派です。中には遊びなれているからこそ、褒めるポイントだと思って攻めてくる男性もいます。
男性は女性がどこまで努力しているかと言う苦労をみずに、見た目や自分の思いつきの範囲で発言しがちです。理解を求めない方がいいケースもあるのです。

こだわりがある場合は、女性と同じ感覚で会話ができる男性を探す方法もあります。ただし、そういった男性は非常に希少で、競争率が高くなることも多いのです。

 

▼女子力が高いほど引かれる可能性が高くなる?

女性の思う女子力と、男性の思う女子力は異なるため、女性の思う女子力を追及すると男性から引かれる場合があります。わかりやすいのが、SNSなどにオシャレ写真をアップすることです。キラキラ輝いた瞬間を切り抜きたいと思うのは、女性なら誰でも考えることです。

ところが、男性からすると、「お金がかかる女性だ」と思われるケースが多いのです。たまの贅沢に写真をアップしても、それしか見れなければいつもそういった食事をしていると考えるからです。また、女子力が高いのではなく、「意識高い系」に見えてしまうこともあります。男性は好意を持った女性に家庭的な部分を求めることが多く、大きなマイナスになることがあるのです。

結果として、寄ってくる男性が意識高い系や空気が読めない人間に絞られてしまうこともあります。恋活を視野に入れるのであれば、男性からどう見えるかもある程度考えた方が良いのです。

 

▼スカート姿や家庭的な姿に女子力を見出す男性が多い

男性が女子力を見出すポイントは非常にストレートです。例えばスカートをはくことやレースやフリルを使った服を着ることなどです。男性によって好みは分かれるものの、クールなスタイリングよりも柔らかく、フェミニンな印象な方が女子力を高いと感じる傾向があります。透け感のある素材をプラスすると、さらに女性として意識するようになります。

行動面では家庭的な姿に女子力を見出すことが多くなります。食事中に何かをこぼした時にハンカチ取り出す姿や料理を取り分ける姿などです。決め付けで行動するとテンプレート的な対応と見られてしまうため、一言声をかけるのがポイントです。普段から料理をしていることをアピールすることも基本になります。

主張をし過ぎないことも大切で、ある程度男性に意思決定を任せることも重要です。自分から相手を引っ張る姿を見せると、男勝りだと見えがちだからです。相手が何かを言ってきたら頭ごなしに否定するのではなく、男性を立てるような形にした方がウケが良くなります。

ただし、男性が思う女子力を追及すると都合の良い女と見られてしまう可能性もあります。付き合う場合や結婚を視野に入れる場合はたまに反論をするなど、相手に任せきりにしないことが重要になります。

 

■ファッション誌の違いを理解するとわかりやすい?

男女の女子力の違いを理解するために、ファッション誌などを参考にする方法もあります。わかりやすいのが赤文字系と青文字系の違いです。赤文字系が男性の思う女子力に近いスタイルを提案していて、青文字系は男性目線の女子力を無視することが多くなっています。

ただし、赤文字系でモテに関する情報が特集されても、鵜呑みにできないケースもあります。女性編集者やライターが考えたコラムが掲載されることや、読者に受ける記事が優先されることもあるからです。

 

▼雑誌の情報は参考程度にするのがポイント

赤文字系の雑誌でモテや女子力に関する特集が組まれていても、メインは女子向けになっていることを考える必要があります。男性が思う女子力の提案を行っても、女性は全く共感出来ないことが多いからです。

たとえば、女性はたまのデートくらいオシャレな場所で食事をしたいと思うものです。ところが、男性の場合は懐具合を考えて休めのお店を選んでくれた方が、女子力が高い相手だと認識してくれます。相手がグルメであれば話は別ですが、経済力や普段の食生活などが食事の場所にも表れやすいのです。

お店選びですでに女子力の判定にズレが生じることが多いため、雑誌に書いてあるテクニックが生かせないこともあります。雑誌の情報把握まで参考程度に、相手の行動や態度を見つつ、提案を変えた方がプラスになるのです。

 

■まとめ

男性と女性の思う女子力には違いがあり、女性から女子力が高いと評価されても、男性にモテないことがあります。
嫌な男が寄り付かないようにガードを固めるのも方法で、どの部分を見せるかで友人も異性関係も変化することがあるのです。
あまりモテを意識した行動をすると女性から引かれることもありますが、自分が幸せになることが一番大切です。他人に振り回されるのではなく、自分の思ったように生きるのも方法なのです。

 

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る