もしかしたら重いと思われてるかも?!恋愛で男性が思う「重い女性」とは?

出会って間もない時は、気になる女性がどんな恋愛観を持っているかまで知ることはできません。
徐々に関係が深まっていき、付き合っていくことになれば、次第に女性の価値観が分かってくるもの。
その中で男性が「これは重い」「重くて耐えられない」と思ってしまう女性とはどういった特徴を持っているのでしょうか。
恋愛で重く思われてしまう女性の言動から特徴をみていきましょう。

【1.「好き?」「愛してる?」の確認が多い女性】

気持ちを確かめたくなることは、女性としてごく普通のことかもしれません。
ただ、それが毎日のようにであったり、繰り返して聞いてくる場合は、「重い」と思われてしまうものです。
付き合った以上、そこに「好き」があることは当然であると男性は考える為、そこでいちいち確認されてしまっては、照れも感じますが重みも感じます。
特別な日や男性から言われたタイミングで確認することは良くても、必要以上に男性の気持ちを聞き出そうとするのは、ただ重く感じられるだけかもしれません。

【2.お母さん的な女性】

なんでもお世話をしてくれる、面倒見がいい、こうした女性はモテる女性の条件でもあります。
確かに自分のことを世話してくれ面倒見てくれる人がそばに居れば、男性にとっても楽かもしれませんね。
しかし男性が何でも自分でできる人だったり、自分の事は自分でしたいタイプの人であったのなら、こうしたお母さん的な女性は重く感じてしまいます。
また「○○やっておいたからね」と言うことで、恩着せがましいと感じる男性もいます。
「この間○○してあげたでしょ」と言っても、誰も頼んでなんかいないと反発心すらも持たせてしまいます。
頼まれていないこと、求められていないことまで手を出したり口を出す行動は、男性の恋愛にとって重く感じるのです。

【3.結婚を急かす女性】

ある程度の年齢になると女性は、恋愛をすると同時に結婚を視野に入れるようになります。
男性よりも女性の方が結婚に対して焦りを持つことが多いため、仕方ないことかもしれません。
ただ恋愛を「結婚するために」という見方で捉えてしまっていると、色んな場面で結婚を意識した言動が増えてしまいます。
例えば結婚情報誌を男性の目に入る所に置いたり、両親と会うように促したりと、鈍感な男性であっても気付く行動もあります。
まだ付き合って期間が浅い、出会って間もない、自分のことで精いっぱいという男性にとっては、結婚を急かされることは重く感じるもの。
焦りから結婚を急かすことのないよう、注意をしながら関係を深めていきましょう。

【4.束縛や干渉が激しい女性】

男性は女性よりも自由を求めている人が多いです。
趣味を持っていたり、好きな物を集めていたりと、自由な時間が息抜きになることが多い為です。
大人になるとこれは恋愛に対しても同じで、恋愛にどっぷり浸かるのではなく、自由を確保しつつ楽しみたいという思いが出てきます。
そこで女性から過度な束縛や干渉をされてしまっては、自由を満喫できなくなってしまい、恋愛に疲れが生じてしまいます。
「どうしてLINE返事くれないの?」「誰とどこに行ってるの?」「私以外の女と連絡とらないで」といった子供のような行動は慎むべき。
こうした束縛や干渉が激しい女性に対して、自由を奪われただけではなく、安らぎすらも感じられなくなり、重い女というレッテルを貼られてしまうだけです。
長く一緒に幸せな恋愛を楽しむ為には、お互いの時間、自由を尊重してあげる気持ちの余裕が必要になるでしょう。

【まとめ】

恋愛対象として見ている男性に、「重い」と思われてしまったら、そこから先に進むことは期待できないでしょう。
大人な男性だからこそ、恋愛にも余裕を持って楽しみたいと思い、女性にも同じような価値観を求めているものです。
自分が重い女性になってはいないか、こうした特徴から比べてみると、気付くことができるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る