朝比奈彩さんの綺麗な美脚はどうやって手に入れたの?

エンタメ

関西出身のタレントは多くいますが、淡路島育ちとして活躍している人物が「朝比奈彩」さんです。背の高さが171センチあり長身姿は、芸能界でも目立つほどです。現在は、モデルからタレント、女優などを熟す女性になります。そんな彼女は、体育会系であり体を動かしたり鍛える事が好きなようです。引き締まったボディーは、毎日運動を行い体型を維持しています。

 

朝比奈彩さんは、陸上部出身のアスリート

朝比奈彩さんと言えば、少し色が黒くスリムな体系が浮かぶタレントです。近年は、人気ドラマに出演するなど知名度や注目度も上昇中になります。本来は、モデルを中心とした仕事になりファッションショーにも多数出ています。地元の兵庫県神戸市で開催される「神戸コレクション」では、毎年出演して本人も楽しんでいるようです。ファッション誌「Ray」では、専属モデルを務めるなど女性からの支持も得ています。普段の彼女は、着飾らない服装をしていて生活などもラフな女性です。理由としては、彼女は学生時代陸上部に所属して汗を流す日々を送ります。

 

短距離と走り幅飛びが専門選手

朝比奈彩さんは、大学には行っていなく高校が最終学歴になります。淡路島にある「洲本実業高校」で、青春を送っていたようです。勉強はもちろん、スポーツも好きで陸上部に入っていました。陸上は、小学生の頃から地元のクラブチームに入って走るほどです。当時から、可愛く足が速い少女がいると評判になります。高校に進学すると、迷わず陸上部に所属して走る事に打ち込みます。陸上部と言うと、アマチュアの場合1人で多種目行うのが普通です。朝比奈さんは、「短距離走」と「走り幅跳び」を中心とした選手になります。

 

県内の有数選手として実力もあり

彼女は、高校で地域の記録を作るほど優れた選手でした。100メートル走や走り幅跳びは、女性としては好成績を誇ります。今のルックスより可愛いと言える高校時代は、もちろん他の選手からも憧れられるほどです。高校では、キャプテンをしていたのでシッカリした性格になります。気になるのは、学生時代の「彼氏」の存在で本人いわくモテたそうです。ある番組では、「高校時代、男性に告白された人数は20人ぐらい」と、語っています。写真を見ると、ユニフォーム姿も良く20人に告白されたのはウソではなさそうです。しかし、彼女は、交際する男性はいなかったらしく「陸上一筋の学生」と言っています。
  

 

好きな男性のタイプは?

朝比奈彩さんは、 「高校を卒業するとモデルになりたい」と 両親に伝えたそうです。しかし、「20歳まではダメだ」と言われ助産婦の仕事を1年間します。その後、上京して念願のモデルになり芸能界の仕事を行うようになります。そんな彼女は、現在25歳になり浮いた話もあってもいい年齢です。熱愛や恋人といった相手の存在は、まだ報告がなく撮られたシーンもありません。朝比奈さんは、好きな男性のタイプをこう語っています。「淡路島の男性は、我が強いのでお地蔵さんのような温厚な感じの人がいい」と、インタビューで答えているようです。

 

キックボクシングで足とお尻を鍛える

現在彼女は、いろんな仕事をして芸能界の魅力に嵌っています。もちろん、不規則な生活を送る事も多いので健康には気を付けているそうです。朝比奈さんは、食事で野菜を多めに食べるなど体型を維持する努力もしています。中でも、高身長で足が長い彼女は、鍛えるために「キックボクシング」を始めているようです。歴は、3年になり楽しさや魅力なども感じています。体が鍛えられて引き締まると同時に、「ダイエット」や下半身にも良い影響が出ているそうです。

キックを続けると、お尻もアップして女性のトレーニングにいいと都内では始める人が増加しています。そんな朝比奈さんが通うジムは、元プロボクサーの「ピューマ渡久地」さんが会長をしている場所です。ピューマ渡久地さんと言えば、現役時代は、あの辰吉丈一郎さんと同じ時代の選手です。彼女は、週に何回か通って本格的なトレーニングを行っています。

 

朝比奈さんの今後は、将来は?

朝比奈さんは、将来芸能界でどんな方向へ進むのでしょうか?女優?、タレント?それとも結婚して姿を消すかも知れません。ファンとしては、長く活躍して欲しいものです。また、いつかは出る「熱愛」なども覚悟しておく必要があります。出来るだけテレビに、たくさん出て欲しい彼女であるため今後の活躍も目が離せない女性です。

エス

214,663 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。