かわいい顔ってどんな顔?異性が感じるかわいさとは?

かわいい顔と一口に言っても、同性からみたかわいさ、異性が感じるかわいさなど、色々だと思います。が、やはり皆が感じる共通の基準というものは存在すると思います。では、一体「かわいい顔」とはどういう顔なのでしょう。

 

平均顔である

以前、ネット記事内で、世界各国の人々の顔を、例えば、日本なら日本人女性の平均顔、というものを合成している画像を見た事があるのですが、この平均顔というのが、とても整っていてどの人種の平均顔を見ても、美人なんだなーと思った事があります。つまり人間の美的判断基準として、「平均的である」という事が重要なのだなと思いました。もちろん「かわいい」と「美人」は少し違いますが、芸能人でも、数多くの人から「かわいい」と思われていたり、女性が「なりたい顔」の上位などにランクインしている方の顔は、どこか「平均的」であるようにも思います。逆に言えば「限りなく平均的である事」は、稀有な事でもある、と言えるのではないでしょうか。

かわいい顔の特徴

これは、わざわざ説明するまでもないような気もしますが、目がパッチリしていたり、顔のパーツの位置が整っていたり、まつげが長かったり、肌がキレイだったりなど色々あると思います。但し、「蓼(たで)食う虫も好き好き」、という言葉があるように、人それぞれかわいいの基準は違っていて、だんご鼻をコンプレックスに感じている女性がいたとしても、その鼻をかわいいと感じる男性がいる事も事実です。人は自分が持っていないものを欲する部分があるため、自分の顔と「なりたい顔」が全くタイプが違っている、という事は往々にしてあるのではないでしょうか。

かわいくなる努力

どんな事でも、「どーせダメだ」と諦めているのと、自分なりに向上心を持って努力するのとでは、大きな違いがあります。こと、外見に関してもそうでしょう。何も異性に好かれようとして、自分を見失い、異性から見たかわいさのみを追求する必要など無いのです。周りの目に振り回されるのではなく、自分自身、外見に磨きをかける事によって、内面的自信もついてきたり、性格的にも前向きになったり、大げさに言えば生きる姿勢が変わってくる事もあるかと思います。人間複雑なようで、単純な面もあるのです。お気に入りの服を着るだけで、なんだか足取りも軽くなる、というような事もあるかと思います。ノルディックスキージャンプ選手の高梨沙羅さんは、メークに興味をもつようになる前と後とでの違いをこう言っていました。「メークに興味が無かった時は、ずっとジャンプの事を考えていて、(調子が)悪い時は、どん底まで落ちていました」(そして現在は)「普通に生活が楽しくなった。物事を楽観的に考えられる。メークは凄い!人を変えちゃう」との事でした。では、メークに限らず、外見的に自分を磨く、とは具体的にどんな事をすれば良いのでしょうか。

・まずは清潔・健康を心がける

当たり前の事ですが、メイク以前の問題として、清潔さが大事です。もちろん洗顔等をキチンと行うのは当然ですが、不健康な食生活などをしていると、肌の状態も悪くなってしまいます。ですので普段の生活習慣、食、などトータルで健康的な生活を心がけましょう。

・眉毛を整える

眉毛を整える事により顔の印象はガラッと変わります。もちろん元々の眉毛の形がとても整っている人もいるでしょうが、そうでない人は、一度美容院で整えてもらいましょう。

・ヘアースタイルを思い切って変えてみる

眉毛もそうなんですが、髪型によって顔の印象の半分以上が決まるのではないでしょうか。人によって顔の形やおでこの広さなど、特徴は千差万別ですので、自分に似合った髪型を探す事も楽しい事です。ただし、奇抜なヘアースタイルでなく、あくまでもナチュラルな感じを心がけると、最初に述べた、「平均顔」に近づきます。

・リンパの流れを良くする

顔面マッサージや、耳たぶ回し等で、リンパの流れをよくして、老廃物を押し流す事によって血色の良い顔になります。

意外と一番大事なのは…

これまで外見的なかわいさについて述べてきましたが、さらに重要かもしれない事があります。ズバリそれは、表情、笑顔です!ここに、顔の造作は、美人、もしくはかわいい女性がいたとします。しかし、表情の変化が乏しかったり、周りの人が何か話しかけた時に、ムスッとしていたとしたら、たとえどんな美人であったとしても、決して良い印象は与えないでしょう。逆に顔自体は、美人というわけではない女性であっても、表情豊かで、気持ちの良い笑顔で話したり、またははにかみながらも、常に微笑みを湛えているような人からは、とても良い印象を受けますし、事実そういう女性は、モテるのではないでしょうか。「人間、顔では無い」というのはキレイ事だと片付ける事もできますが、実は真実でもあるのです。男性でもそうです。実際モテる人は、人あたりの良い人であったり、気遣いの出来る人なのかもしれません。つまりそういう人は、顔の表情も含めて、魅力があるのでしょう。そうすると、『私は性格も地味だし、表情も乏しいからダメだ…』とまたもや諦めてしまう人がいるかもしれません。が、これこそ諦める必要はないのです。1日~1週間という短期間で顔の表情がすっかり変わる、なんて魔法はありませんが、日頃から口角を上げて笑顔を心がけていれば、それが最初はぎこちない作り笑顔であったとしても、1か月、半年、1年…と経過していくうちに、自然な笑顔になってくるものです。つまり、常に笑顔をこころがける事によって、内面から笑顔になれるようなポジティブな変化が訪れるのです。人間、習慣というものがいかに大切かという事なんですね。たとえぎこちなかったとしても、笑顔でいると、周りの人にも笑顔が伝染して、良い雰囲気が出来上がるという効果もあります。これこそ、究極のかわいくなるエクセサイズなのかもしれません。

———————————————————

さて、外見を磨く話、内面を磨く話を簡単にまとめましたが、この二つは別々のものではなく、外見を磨けば自信がつき、内面もポジティブになりますし、内面を磨く事によって、表情として外見に表れる、という具合にお互い密接に関係しています。先日TV番組で、奈良の町を散策していて偶然ある女性が経営している小さい雑貨関係のお店を取材していたのですが、その女性はキレイな方で、元々は公務員として勤めていたらしいのですが、一念発起して小さいお店を開いたとの事でした。そして取材中その女性が最近本を出版したというお話が出て、その本の題名がなんと『「美人は性格が悪い」って本当! ? ブスが美人に憧れて人生が変わった話。』というものでした。ツイッターで話題になっていた話が本になったものらしいので、ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、つまり、その女性、もともと「ブス」だった自分がある美人との出会い等によって、性格・外見を磨き、自信にあふれた素敵な女性になったというお話の顛末なのですが、まさに、外見・内面両方を磨いた事によって人生が大きく変わったというストーリーなのです。番組内でその女性の昔の写真も紹介していたのですが、同じ方とは思えませんでした。著者はフジコさんという方なのですが、興味のある方は、とても面白そうでしたので一読されてみて下さい。

参考:「美人は性格が悪い」って本当!?ブスが美人に憧れて人生が変わった話。

著者/フジコ 大和出版

出典:http://www.daiwashuppan.com/isbn9784804705347.html

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. みなさん、リップにこだわりはありますか? リップにはたくさんの種類があります。 色みやどの程度の…
  2. [toc]引用元: https://prtimes.jp/main/html/rd/p…
  3. クローゼットを開けると、なんか映えない地味色のトップスばっかり。そんなお悩みを持っている方はいらっし…
  4. [toc]■ナチュラル系インテリア ・木目調のデスクやチェアは見る人のこころを…
  5. サムネイルはGoogle画像検索から引用[toc]1.ストアカで自分…
  6. [toc]2018年冬季オリンピック・ピョンチャン大会まで、あと3ヶ月あまり…
  7. [toc]■クラフトビール人気で変り種のビールが人気に ・本格志向の女性が増え…
  8. [toc]■体重が減らないダイエットも増えている ・体を絞り込むことが重要に …
  9. [toc]■仮想通貨女子が急増している ・仮想通貨の情報を発信する女性が増…
  10. 京都、奈良といえば、小学校の修学旅行の定番ですよね。小学生だけでなく、何回も京都にハ…

注目の記事

ページ上部へ戻る