疲労感と倦怠感を感じるならその慢性疲労、病気かも!?

美容・健康

このところずっと、なんとなく疲れがとれない、なんとも言えない不快感が続いている…そんな症状のまま、ほっといていませんか?
最近TVの健康番組などで疲労をテーマにしたものを観られた事のある方も多いかと思います。そして、疲労軽減には、鶏の胸肉に豊富に含まれる「イミダゾールペプチド」という成分が良い、という情報もよく聞かれます。渡り鳥が長期間にわたって飛び続ける事が出来るのは、この成分によるものだと考えられ、近年の研究の結果、このイミダゾールペプチドという成分が抗疲労に良い事がわかってきたのです。
「そうか、この慢性疲労には、鶏肉を良く食べればいいんだな…」と思った方、確かにそうなんですが、それはその疲労が通常レベルの疲労の場合です。では、通常レベルでない疲労とは…?一般的な「慢性疲労」との違いは、休息しても疲れ・不快感が取れないというところです。

◆慢性疲労症候群

どうもこの疲れ、不快感は普通ではないな…というような、日常生活に支障をきたすレベルの疲労感がずっと続いているという方は、この「慢性疲労症候群」という病気を疑った方が良いかもしれません。但し、病院で血液検査などをして、他の「疲労感」を惹き起こす疾患(甲状腺ホルモン減少など)でない事を確認する必要はあります。そうした検査をしても他の疾患が見つからなかった場合、慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome、略してCFS)かもしれません。では具体的に慢性疲労症候群とはどういった病気なのでしょうか。
主な症状としては、前述のとおり、日常生活に支障をきたすほどの疲労感が1日中続く、その他の症状としては、特定の部位または全身の筋肉痛、筋力の低下、睡眠障害、気分障害、不快感、のどの痛みなどです。
では、その原因ですが、これまであまり原因がハッキリしてなかったのですが、最近少しずつわかってきました。ストレスや遺伝的要因によって、自律神経、免疫系の異常が起こり、発症すると考えられているようです。

◆慢性疲労症候群チェック

以下のそれぞれの質問に対して、当てはまらないは1点、少し当てはまるは2点、まあまあ当てはまるは3点、かなり当てはまるは4点、とても当てはまるは5点、と採点してみて、合計点を計算してみましょう。

質問1:微熱がある
質問2:疲れた感じ、だるい感じがある
質問3:ちょっとした運動や作業でもすごく疲れる
質問4:筋肉痛がある
質問5:このごろ体に力が入らない
質問6:リンパ節が腫れている
質問7:頭痛、頭重感がある
質問8:一晩寝ても疲れがとれない
質問9:のどの痛みがある
質問10:関節が痛む
質問11:思考力が低下している
質問12:よく眠れない
質問13:ゆううつな気分になる
質問14:自分の体調に不安がある
質問15:働く意欲がおきない
質問16:ちょっとしたことが思い出せない
質問17:まぶしくて目がくらむことがある
男性の場合は0~16点なら安全圏内、17~22点なら要注意、23点以上なら危険。
女性の場合は0~19点なら安全、20~28点なら要注意、29点以上なら危険。

出典:慢性疲労症候群を正しく知るサイト
http://www.chrofatig.com/knowledge/check.html

上記チェックにより、危険レベルの方、その状態が半年以上続いているようであれば、慢性疲労症候群が疑われますので、医療機関を受診してみましょう。と言っても「慢性疲労症候群」という疾患に対して深い知識を持った専門の医師に診てもらう必要がありますので、ご自身の地域の医療機関の中から検索してみて下さい。ストレスや自律神経が関わっている病気ですので、ただ単に薬を飲んで治す、というものではなく(むしろ薬に頼りすぎる事は不調を増大させてしまう恐れもありますので)、生活環境や、日ごろの生活習慣など大きい視点で少しずつ改善していく必要があるかと思います。

エス

74,687 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)