夏場に必須のお肌を守るための対策とは?

 

 

夏は湿気があるために、特に乾燥などは気がかりにはなりませんよね。だから、肌荒れも起こりにくいと考えている人も少なくないでしょう。

しかし、実は冬だけでなく、乾燥とは無縁な夏にも肌荒れになる原因は至るところに存在しているのです。
そもそも夏場には汗をよくかきますよね?

この汗が肌荒れの引き金になっているというのです。そうしたことから、夏特有の肌荒れ対策をご紹介します。
紫外線に関する知識とともに、夏場でも、肌荒れにならない知識を身に着けておきましょう。

 

 

 

■汗が肌荒れのキッカケ??そのメカニズムとは

 

普通は、汗そのものが肌荒れの引き金になるようなことは滅多にないのですが、それは普通の人であって、デリケートな肌の人の場合には、単なる汗が肌を刺激してしまうこともあるようです。

それというのも汗に含まれているアンモニアや塩分などからもお分かりのように、汗をかいておいて放置しておけば、かゆみや赤みを生じさせてしまい、結果、肌荒れになってしまう場合があります。

普通の人の肌は、弱酸性なんです。ところが、汗をかけば、何だか肌がかゆくてしょうがないという人というのは、肌がアルカリ性の状態になってしまっているんですね。

弱酸性の肌であれば、ある程度の刺激があっても、肌トラブルは起こらないのです。

でも、肌がアルカリ性になってしまえば、肌荒れの要因となる細菌がやりたい放題してしまうわけなんですよ。

 

 

汗の適切な処置

 

夏場の汗による肌荒れ対策には、汗をその都度拭きとってしまうことが重要なのです。

硬いタオルとかじゃなくて、肌を傷つけないような、なるべく柔軟な素材を用いて、強く拭くのではなく、抑えていくような感じで拭くことが大切です。

そして、そのタオルやハンカチは、決して不潔なものを使わないようにしましょう。汗がほんの少しであれば、抑えていけばいいのですが、多量の発汗があるような場合には、べたべたしていますよね?

このような場合には、タオルなどを水で濡らして用いるとよいでしょう。

タオルを水で濡らせば、肌を冷やすことにもつながり、汗を拭き取るとともに、一石二鳥の効果ですよ。
汗が多量な場合だけでなく、肌がヒリヒリするような酷い状態の時にも、濡らしたほうがいいでしょうね。

 

 

スキンケアのやり方を間違うと…

 

夏場には、紫外線が強いですから、明らかに肌には過酷ですよね。

よって、デリケートになるために、夏場以外に用いていた、ちょっとしたスキンケアをしても、却って状態を酷くしてしまいがちで、逆効果なのです。

そのために、なるべく低刺激のものを用いると良いでしょう。特に肌がかゆかったり、ヒリヒリしているような時には、率先して用いましょう。

紫外線は、多量の発汗によりアルカリ性になった肌には、とても刺激が強すぎます。そのために、日焼けするだけに留まらず、何と乾燥の危険性まであるというのです。

入念な紫外線対策を施しているようでも、汗によって、その効果が薄れていきます。
そのために、面倒ではあるものの、日焼け止めを折を見て塗り直し、紫外線から肌を守らなくてはなりません。

よくある誤解として、汗をかかないようにしようとする人がいるのですが、汗をかくこと自体は、体にとって必須の機能であって、もちろんのこと美容にも不可欠です。

そうしたことから、汗をかかないようにクーラーを求めるのではなく、夏場に応じたケアを施していきましょう。

 

 

 

■部屋内でも紫外線対策が必要?

 

汗の次は紫外線対策です。紫外線と聞くと、外出している際や、車のなかにいる時などに、何らかの対策を講じておかなければならない、でも家の中にいればしなくてもいい、と考えがちですよね?

でも、紫外線の影響って室外だけでなく、実は室内でも受けるのですよ。窓ごしから、紫外線は肌に詰め寄っているのです。気づかないうち紫外線の影響を受けてしまい、シミなどの肌トラブルが生じてしまいかねません。

そうしたことから、肌トラブル対策をしていく上で、屋外のみならず、室内にずっといるような場合でも紫外線対策を怠ることはできないのです。では、屋外でなく、室内での紫外線対策とはいかなる方法なのでしょうか。

 

 

2種類の紫外線

 

美肌を保っておきたい女性にとって厄介な紫外線。といっても、紫外線には、UVAとUVBの2種類のものが存在しています。

ここで問題となる室内でも影響のある紫外線は、UVAであって、窓ガラスでも通り抜けてくる性質があるのです。UVBのほうが強いのですが、波長は短く窓ガラスは通りません。
でも、UVAは、窓ガラスなんか関係ありません。

UVAは波長が長いのですが、窓ガラスであっても通過できるという以外にも、肌の深部にまで届いていき、美肌効果のあるコラーゲンやエラスチンを壊していきます。

肌の潤い成分である成分を壊されると、肌に潤いがなくなっていき、その結果、シワやたるみが生じてしまいます。

そういうわけで、1日中家の中にいたとしても安心はできないのです。紫外線による悪影響を受けないためにも、紫外線対策を施していくことが重要ですよ。

 

 

部屋内の紫外線対策とは

 

では、具体的には、どのような対策をすればいいのでしょうか。さすがに部屋のなかにいるならば、室外よりは紫外線の悪影響は低いといえます。

ですので、部屋にいる際には、外出用と比べて、SPF値やPA値の低いタイプの日焼け止めで構いません。

実は、紫外線の除去効果が高い日焼け止めは、使いすぎると肌の負担が大きくなるために、外出する際に用いるようにすべきです。そのために、部屋にいるような場合には、なるべく肌に負担がかからないものを用いましょう。

紫外線がとても気になるような人でも、さすがに真っ昼間から分厚いカーテンをしている人はあまりいないでしょう。

かといって、何もかけないのでは心もとない。では、どのようなものを用いるべきかというと、UVカット効果があるとされるレースカーテンや、ブラインドなどを用いてみてはいかがでしょう。

これなら、紫外線を防止しながら、明るい日光を浴びることができます。
お好きなデザインのものを選んでみましょう。

 

 

車中の紫外線対策とは

 

運転することが頻繁であったり、長時間乗車しているような人にオススメできるアイテムとして、UVカット効果のあるサングラス、それにアームカバーなどが挙げられます。

夏場の乗車は、紫外線によるダメージを受けやすいのです。しかも、車のなかで、日焼け止めを塗り直すのは面倒ですよね?ましてや運転中ともなれば、ついおろそかになってしまいがちです。

そのために、日焼け止めをわざわざ塗り直すことを考えるよりも、あらかじめ着用することによって、紫外線を防止できるグッズを利用しましょう。

 

 

紫外線には気をつけよう

 

紫外線とは、肉眼では見えないために、その効果のほどはハッキリとはしません。そのために、何も気づかないうちから、肌トラブルが生じてしまいかねません。

そのうち、紫外線のなかでも、波長の長いUVAのほうを浴びても日焼けや赤みを生じさせないために、本当に気づきにくく、特に注意しないといけないのです。

このことから、自分では自覚のないようなものであっても、普段から紫外線に対して予防する意識をもっておきましょう。

 

 

 

■日焼け後のスキンケア方法

 

室内であっても、紫外線対策はしておかなければならないのですが、紫外線の影響を受けやすいのは、やはり外出中です。夏場に外出する傾向は多いですが、入念に紫外線対策を講じてきたつもりでも、気付けば、腕が赤くなっていたということは誰にでもある経験でしょう。

日焼けした直後に、適切なスキンケアを実施することにより、肌トラブルを極力低減させることが可能なのです。そこで、もし日焼けしてしまった場合に、どのような対策をしておけばいいのかをご紹介します。

 

 

日焼け直後にすべき処置

 

日焼けしたことが分かれば、真っ先に行うべきなのは、患部を冷たいタオルで冷やすことです。そうすることによって、炎症を防止することができます。重要なのは、なるべく早い時期から行うことです。

でも、出先ではなかなかできることではないですよね。とはいっても、即時冷やさなければならないということではなく、24時間以内に行うようにすると、行わない場合と比べて、明らかに経過がよくなってきます。

日焼けの影響は、肌の内側にまで及んでいき、乾燥させていきます。太陽を浴びている際にも、肌が焼けていき、乾燥していることを感じることがあるかと思いますが、このような場合にも、肌が乾いているのです。

このために、乾燥防止のために、保湿ローションを携行したり、スプレー状のものが冷んやりして気持ちいいので、クールダウンの役割をも担ってくれます。

スキンケアはあまりにもしつこくやりすぎると、肌に逆効果となってしまうために、そっと優しくやるようにしましょう。

日焼けした直後のスキンケアを怠ると、肌が黒くなる傾向が強いのですが、その反面、スキンケアを適切にしておけば、炎症や肌が黒くなることを防止することが可能です。

さらに保湿も同時にしておけば、ダメージの受けにくい肌にできます。

あまりオススメできないスキンケアの仕方としては、日焼け直後の美白ケアでしょうか。美白ケアが目的のものには、日焼け直後の肌にはあまりに刺激が強いために、避けておきましょう。

もし、するのであれば、日焼けによる痛みやかゆみが治まってから、1週間程度経過してからやるといいでしょう。

 

 

 

■まとめ

 

以上のとおり、夏場にすべき肌トラブル対策をご紹介してきました。夏場には多量の汗をかき、日焼けだってします。

そのために、乾燥しないからといって、安心できる要素は何一つないですよね。
そのために、夏場にこそ、肌トラブルはつきものといえますから、対策を入念にしておきたいですね。

 

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る