お肌の乾燥とかゆみ!冬場から春先にかけてのおすすめケア情報!

空気が乾燥しているこの季節、お肌はいつもカサカサぱさぱさ…。
そんなときのちょっとしたおすすめ技をご紹介致します!

化粧水や乳液と毎日のケアは当たり前のお顔。ですが、ボディの方はいかがでしょうか?
私自身、乾燥肌のため冬に限らず体中カサカサ…。
敏感肌の気もあり、かゆみの症状も出ることで赤みや湿疹が出来てしまいひどいものでした。
そこで気をつけたのがお風呂上がりの保湿です。

そんなの誰でもやってる!やってもあまり効果がなかった!…などなどご意見はあるかとおもいます。
しかし、このお風呂上がり保湿を「すぐに効果がなかった」とあきらめずに最低2週間続けてみてください。

私の場合はどこのドラックストアにでもおいてあるごく普通の大手メーカーのボディクリームを使用しています。
400mlで700円程度の特別高くもないお品です。

特に乾燥が気になっていた手首から二の腕にかけてや脚の甲から太ももまで毎日テレビをみながらボディケアをしていました。
最初の3日ほどは実感はなかったのですが、1週間ほどで乾燥による突っ張り感が無くなっていき、2週間でみるからに肌のキメの細かさが変わりました!

洋服の繊維にこすれるだけで赤みやかゆみに悩まされていた肌ですが、このお風呂上がり保湿だけでだいぶ改善されていきました。
幼い頃から手のあかぎれや湿疹がコンプレックスでしたが、今では触れた人に「冬なのにすべすべしっとりしてる!」と言ってもらえるようになりました。

あきらめずに続けてみてください!ボディクリームにはポンプタイプやチューブタイプ、テクスチャもかため柔らかめと様々です。

香りもたくさんの種類があるのでお風呂上がりのリラックスタイムを楽しめるお気に入りを見つけてみても楽しめそうです。

また、少し取り上げましたが「かゆみ」については乾燥以外による原因が無いか調べることも大事です。
私の場合は乾燥も大きかったのですが、気温が暖かくなるにつれてひどくなり花粉が原因であることがわかりました。

皮膚科で抗アレルギー薬を処方して頂き、自信の保湿ケアと合わせてかなり良くなりました。
(花粉が原因の場合は洗濯物にも気をつけてみましょう!特に下着など直接肌に触れる衣類は花粉にさらされない屋内干しが良いかと思います。)

また皮膚科では保湿ローションも出してもらえます。ネットでも一時期高保湿で話題になった「ヒルドイドローション」も処方して頂けます。

こちらはこっくりとした使い心地で特に乾燥が気になる肘や膝の裏などの保湿に使用していました。
また、敬遠しがちなステロイド剤も正しく使用すれば短期間で脱湿疹脱ステロイドは可能かと思います。
お顔にも塗れる弱いタイプのものもあるので、ぜひお医者様に相談してみてください。

冬場〜春先の季節の変わり目に敏感に反応してしまうお肌の悩み。
毎年憂鬱になってしまいがちですが、今年こそ脱乾燥に向けてちょっとしたケアを心がけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る