カラコンをうまく利用!アイメイクとしての活用

カラコンをうまく利用!アイメイクとしての活用
メイク

カラコンは種類が豊富になっており、ブラックやブラウンだけでなく、サークルの分かれ目がはっきりしているもの、少し柄がついているものまでさまざまです。
カラコンをメイクとして利用することは、どのように役になっているのでしょうか。

 

崩れないメイク

カラコンは、眼球に乗せることにより、黒目を大きく見せて、残りの白目の部分を少なくすることより、より目を大きく見せてくれます。
黒目勝ちの目は、潤っているようにも見えますし、目自体が大きく見えるようになります。
人は初対面の相手を見るときに、目を見ていることが多いといわれていますが、カラコンを入れた目で印象を変えることもできます。
 

カラコンは取り外さなければ取れない

カラコンの一番良いところは、取り外さなければ取れないので、メイクが長い間崩れないということです。
普段のアイメイクは涙で落ちてしまったり、ほこりが入ってこすることで崩れてしまったりなど、本来とてもメイクが崩れやすいものです。
アイラインやマスカラは涙にぬれることでパンダ目になりやすくなってしまいます。
カラコンは目に付けるものですので、メイクは崩れることなく、取るまでずっと維持されます。
またアイメイクは、丁寧に付けないとすぐに真っ黒になってしまったり、皮膚が薄いことからメイクしにくい場所とも言えます。
カラコンにすると、メイクの負担は軽くなり、とにかく楽になります。

もともと視力が悪い人はぴったり

スマホやパソコンが普及している今、視力が悪い人も多いですが、そんな人にはぴったりです。
視力が矯正できるほかに、目のおしゃれも一緒にできます。
視力が悪いとアイメイクは良く見えませんので、見にくい状態でメイクすることになります。
それが失敗や面倒につながって、なかなか手間がかかるものになるのです。
カラコンをしたうえでメイクもすることができますし、カラコンで二つの悩みが同時に解決されます。

 

カラコンの種類と柄

カラコンにはカラーの変化だけでなく、サークルの柄がはっきりついていたり、そもそもレンズ自体の大きさを変えることで、目の印象を変えていくことができます。
メーカーを比べたり、カラーを見比べたりすると、その変化に気づくことになります。

普段から使いたいとき

カラコンというと抵抗がある人もいるかもしれないですが、カラーを黒かブラックにすると、そこまで目立つことがなくカラコンを付けることができます。
また普段の裸眼の黒目の大きさと差がないような、レンズのサイズを選ぶと、もっと目立たなく自然な状態で付けることも可能です。
普段のメイクの延長線上ととらえて、レンズの大きさをあまり目立たないものとすれば、カラコンと裸眼の差をつけないことで、ずっとつけていることも可能です。
普段のメイクの感じがカラコンを付けることで、ずっと維持できるというのは、カラコンを付けるメリットといえます。

おしゃれをしたい場面の時は    

会社や学校から離れて、もっとおしゃれをしたいと思っているときは、ブルーやグレーなどのカラーにすると、普段と全く違った感じになります。
洋服の色や髪の色に合わせたり、カラコンを変えることで自由に変えることができます。
カラコンでメイクの雰囲気を変えていきたいと思っている人は、長期用ではなくワンデーのカラコンがおすすめとなります。
メーカーやカラーを変えることで、レンズの感じも変わってきますので、自分に合ったものを探すこともできますし、レンズのおしゃれにこだわることもできます。

 

カラコンは、本来の視力の強制だけでなく、アイメイクの補助としても役に立つことができる商品です。
アイメイクだけでは、目を大きく見せることはできますが、それ自体を大きくすることはできませんので、カラコンは大いに役に立つことになります。
うまく利用したら普段使いもおしゃれにしたいときも、崩れないメイクとして利用できますので、興味ある人はぜひ活用したいものです。

エス

161,378 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。