すきぴと両思いの確率が高いランキング

すきぴと両思いの確率が高いランキング
恋愛-女性-

よく目が合う

両想いの時には、相手とよく目が合うと言われています。まだお互いの気持ちを伝えきれていない場合には、目が合うことが多いと感じることでしょう。好きな相手のことをつい目で追ってしまうという人は多いのではないでしょうか。特に意識しているわけではないけれど、相手が今何をしているのか、誰と話しているのかが気になる場合もあれば、いつもの場所にいることをふと確認したくなる場合など、存在を確認したいという心理が無意識に働いていることが多いものです。

あなたがそうであるように、相手もあなたに好意を寄せている場合は、あなたのことを目で追っています。ここで注目すべきことは、あなたと目が合った後の相手の態度です。微笑み返してくれたり、あなただけにわかる合図を送ってくれるならば、相手はあなたのことが気になる存在である場合が多く、両想いである確率が高いと考えられます。また少し照れたような仕草や態度を見せた時には、あなたに好意を寄せているものの、相手の中でまだあなたに伝えられていなかったり、気持ちに迷いがある場合が多いです。

あまりジロジロ見ると怪しまれますが、相手とよく目が合うか、相手が自分のことを見ているかは、両想いの確率を知る手掛かりになります。

下の名前で呼ばれる

相手から下の名前やニックネームで呼ばれていたり、最近になって呼ばれ始めたなら、両想いの確率が高いです。
学生時代は、下の名前で呼ばれる機会も多くありました。しかし、社会人になれば、男女ともに下の名前で呼ばれる回数は圧倒的に少なくなります。

それでも女性の場合は、下の名前で呼ばれる機会もあるかもしれませんが、男性が下の名前で呼ばれる機会は、減っていくでしょう。その中で、相手から下の名前で呼ばれる場合には、相手はあなたに特別な親しみを込めたい場合が多いと言うことができます。これは言い換えれば、下の名前で相手を呼ぶことで、好意を寄せていることを間接的に伝えられるということでもあります。

いつから、下の名前で呼ばれ始めたのかということも重要なポイントです。最初から下の名前で呼ばれていたなら、相手は誰に対しても親しみを込めて下の名前で読んでいるのかもしれません。しかし、相手とこれまでなかった関わりを持った後などであれば、相手はあなたのことを意識し始めたと考えることができます。親しみを込めてあなたのことを呼んでいるだけでなく、自分が親しみを込めて呼んだとしてもあなたが不快にならないだろうと信頼関係を感じているのかもしれません。

恋人の有無を聞かれる聞かれる

相手に今の恋愛状況や、何気なく「好きな人いるの?」と聞かれた場合には、両想いである確率が高いです。誰でも興味のない人の恋愛状況を聞きたいとは思いません。好きな人がいるのかという現状の恋愛状況を聞き出すことで、相手はあなたの恋人の有無を知ろうとしています。この質問は、もし相手がいないのなら、自分が恋人になりたいと思っていたり、もし恋人いるのならば諦めるしかないと考えている場合が多いものです。

また、これまでの恋愛を聞かれた場合などにも、両想いの確率が高いです。どんな人と付き合ってきたのかと気になる人も多いでしょう。相手はあなたの恋愛の過去という、とてもプライベートな内容の質問をしながら、自分のあなたの恋愛に加わることができるのかと鑑みていると考えることができます。また、何か相手と親しくなるようなきっかけがあった後で、この質問をしてきたのであれば、相手の中であなたの存在に変化があったと言えます。

しかし、この質問だけで相手が自分に好意を寄せているとは限りません。この質問をしてきた相手に注目しましょう。
あなた以外の誰にでも同じことを聞いているという場合には、単に誰かの恋愛話が好きで、相手に関係なく話題にしたいだけの可能性があります。

まとめ

片想いだと思っていた恋が実は両想いだったということは、よくあることなのかもしれません。しかし、それをお互いに確認することができないもどかしさが片想いでもあります。相手も自分に好意を寄せてくれているのかを知る方法や、その確率がどの程度のものなのかを知る方法には様々なものがあります。

その中でも、自分が相手を見るだけではなく、相手もあなたのことを目で追っていたり、あなたのことを親しみを込めて呼んで来た場合、恋人の有無を聞かれた場合には、相手もあなたに好意を寄せている可能性が高く、両想いなのかもしれません。

エス

453,731 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。