その習い事本当に必要?見直しと厳選することで節約になる

ライフスタイル

最近は幼児のうちから習い事をさせる家庭も多く、周りにそんな子がいると習い事を考えていなかったのに焦り出してしまうお母さんもいますね。子供の好きなことを尊重して必要な習い事をさせるのであればお金をかけるのも無駄ではないと思えます。しかし、その時選んだ習い事が気づけばもう必要のないものになっていることもありますし、時間が経てば子供の関心は別に移っているのに気づいていない場合もあります。子供の習い事を定期的に見直し、必要なものだけを厳選することで、家計の節約に繋げていきましょう。

 

1. 今始めるべきか
習い事を考える時、何歳から始めたらベストか悩みますよね。
周りの子に影響されて同じ時期に始めたり、早くに始めればいいというばかりではありません。その子の言葉やからだの発達によっても適した時期は違ってきます。幼稚園や保育園の入園時期に個人差があるのと同じです。新しい世界で人間関係を築きながら教わるのですから子供にとってストレスになってしまうこともあり得ます。本人がどれだけやる気があるのか、教わる先生が子供に理解があるようかなどをしっかり知っておく必要があるでしょう。無料体験などを利用して試してから始めたり、興味のある習い事をすでに習っている親子から意見を聞くと参考になりますよ。
習い事というのは月謝以外にも長期的にまとまったお金がかかるものです。一度始めると何年も続けたがるお子さんも多いですから、始めるならそれなりの覚悟を決めてからにしておくのが無難です。すぐ辞めるとなっては入会金や揃えたものが無駄になってしまいますからじっくり検討して始めましょう。
他にお金がかかる予定があるのに並行して始めてしまうと家計が苦しくなるのは当然です。家計のバランスを考え、無理のない習い事を考えてくださいね。

 

2. まだやりたいか
習い事を始めて夢中になっている頃はいいですが、子供の興味というものは変わりやすくもあります。
他の友達が違う習い事を始めるとそちらに関心を持ったり、友達が多く習っているところへ移りたいと言い出すこともあるでしょう。自分から提案してくれれば考えるきっかけにもなり助かるのですが、中には親や教えてくれている人に遠慮して辞めたいと言い出せないお子さんや、意地になって惰性で習い続けるようなこともあります。何ヶ月かごとに習い事への思いを確認し、今もまだ習いたくて楽しんでいるのかを親子で見つめ返す必要があるでしょう。
もうとっくに飽きているならお金をかけてまで続ける必要はあるのでしょうか。他の習い事への出会いを奪うことになっているとも考えられ、そんな場合は教室を変えたり辞めることも結果として良かったと思えるかもしれません。必要のない習い事にお金をかけるくらいなら今お子さんが本当にやりたいことにこそかけてあげるべきです。

 

3. やりすぎていないか
お子さんの意思を尊重するあまりにやりたいだけ習わせてしまう親御さんもいますが、複数習うことで月謝の他にも交通費や大会費用、移動日の食事代、練習着や靴代、連絡のための通信費など細々とした出費がかさんできます。そういったことも頭に入れて、できれば「我が家の習い事代は何円まで」などと基準を設けておくといいでしょう。基準通りにいくのすら難しいでしょうから、ざっくりでも把握しておくことは最低限必要になります。
忙しさから勉強が疎かにならないようにと塾まで始めてしまう家庭もあります。兄弟がいる場合は自分も同じようにお金をかけてもらえると思っているでしょうから、無理してやらせすぎるとダブルパンチで家計が回らなくなる可能性も出てくるので気をつけてくださいね。

エス

69,503 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)