女性の気になる花粉のケア

未分類

季節が春になり、花粉症が気になる季節です。
女性で花粉症になると、化粧崩れや目の充血などをおこし、この季節が楽しくないという人も多いです。
気になる対処法などはあるのでしょうか。

使うものでケアする
マスク
近年マスクは、高品質のものがあり、花粉を寄せ付けないタイプのものやしっかりガードできるものなど、充実している商品のラインナップです。
しかしながら女性は、見た目を重視したいところから、ずっと白い医療用のものをつけているものも苦痛です。
マスクにはたくさんの見た目の変化を楽しめるものもあり、全部が黒色やピンクのもの、花柄や水玉模様などデザインが楽しめるタイプのものがあります。
春の花粉の時期は数か月づきますので、その間ずっと同じタイプのマスクをつけているのも苦痛です。
たまにはデザイン性に優れたマスクをつけて、洋服に合わせたおしゃれを楽しんでみるのもよいです。
 
メガネ
花粉症もひどくなってくると、コンタクトを付けられない人もいますし、目薬を差すにあたって禁止されている人もいます。
メガネにも花粉対策の眼鏡があり、細部から花粉の侵入を予防できたり、鼻パットの高さが選ぶことができたり、マスクで曇る人にとっての曇り防止のタイプの眼鏡が発売されています。
メガネをかけていること自体が楽しくなくなってしまう場合、新しく花粉症用の眼鏡を新調してみるのも一つの方法です。
メガネもおしゃれになる一つのアイテムです。
試着品しながら自分に似合うものを探すのもよいですし、高性能のものを選んだら、少しでも花粉の時期が楽しくなれます。
視力の悪くない人も、おしゃれの方法と使ってみるのもよいです。   

病院でのケア
投薬や注射など
花粉症のケアは病院で行うものとなると一般的には対処療法です。
かゆみを抑える目薬や鼻水を抑える鼻炎薬、体質に合わせて変えていくことである程度予防することができます。
花粉はひどくなってからのケアですと遅いですので、ひどくなる前に一度病院を受診して、最小限の薬の量で維持していくことが望ましく、本人に負担を感じにくくなります。
どうしてもひどいものを改善したいというときには、注射をしたりして即効性を求める方法もあります。
また、この時期だけ肌が荒れやすいという女性は花粉症やアレルギー体質でもありますので、敏感肌用の化粧品に変えてみるのもよいことです。
肌質に合った化粧品をつかうと、化粧のノリが良くなったり、崩れにくくなります。
    
事前から投薬するタイプ
近年登場したのが、花粉症を根本的に治していくことができる、舌の下にいれる薬があります。
花粉の始まる前の時期から、薬を入れていくことで、花粉症になることを予防して、対策してくれます。
原理としてはインフルエンザと同じようなもので、インフルエンザは身体にインフルエンザの菌を入れることでインフルエンザにかかりにくくしますが、花粉症の薬も該当の花粉を体内にピークの前に入れていくことで予防していきます。
以前から行われている起こっていることに対処するという一般的な方法とは全く違ってきますので、これで改善することもあるようです。

女性は花粉の時期になると鼻をかむのも嫌なのに、化粧が崩れてしまったり、目が充血したり嫌なことが続きます。
化粧品、マスク、眼鏡などである程度予防できたのなら、医療の助けを借りるのも大切な方法です。
花粉症の確定判断は血液検査でわかることができますので、自分がどの時期にひっかかっているのかわかることになります。
自分の状態がわかれば、事前に準備していくことや心構えができますので、少しでも自分にとって負担が軽くなります。
体質は仕方がない部分もありますので、受け入れてうまく対処出来たらよいです。

エス

139,009 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。