身体を冷やすコーヒーはダイエットの敵! 実は恐いコーヒーの3つのデメリット

ダイエット

■コーヒーはダイエットの敵?味方?

突然ですが、コーヒー、お好きですか?
朝から目がシャキッとするという理由で、コーヒーを飲むという方も多いと思いますが、コーヒーは身体に良いけど、悪いんです!

「えっ、どういうこと」と思ったあなたにとって、コーヒーのメリットとデメリットを解説します。

 

コーヒーのメリットとデメリット

  コーヒーのメリット コーヒーのデメリット
1 脂肪を分解する 妊娠中の流産リスクが増加する
2 アンチエイジング効果 身体を冷やし、血行が悪くなる
3 リラックス効果 胃が荒れる、おしっこに行きやすくなる
 

コーヒーのメリットとデメリットには、このようなモノがあります。
コーヒーにはご存知の方も多いように、ダイエットの味方となる、脂肪分解作用と、カフェインによる抗酸化作用による、アンチエイジング効果が期待出来ます。

また、カフェインを摂取することで、脳や筋肉が活性化する……これらのメリットは広く知られていますが、実はデメリットも大きいんです!

 

コーヒーの知られざる3つのデメリット

コーヒーのメリットはしっていても、コーヒーのデメリットを知っている、という人は決して多くありません。

コーヒーに含まれているカフェインは、適量であれば身体に良い成分ですが、カフェインには、胎児を守る天然のバリアである「胎盤」を素通りしてしまうため、胎児への悪影響が研究の結果、判明しています。

妊娠中のカフェインの摂取によって、たった1杯のコーヒーだったとしても、胎児の「小児白血病」や「成長障害のリスク」を増加させる可能性があるため、実は妊婦さんは、コーヒーを飲めないんです。

また、カフェインは胃にとっては刺激物なので、胃が荒れる原因になったり、カフェインに含まれている強烈な離乳作用のせいで、おしっこに頻繁に行きやすくなったり、というリスクもあります。

そして、何よりコーヒーは身体を冷やすんです!

 

■コーヒーを飲むと身体が冷えて、血行が悪くなる!

コーヒーは、その性質として、身体を冷やす飲み物なんです。これは東洋医学的な考えですが、コーヒーは「陰」の飲み物であるため、身体を芯から冷やしてしまうため、身体の中を流れる血の巡りが悪くなり、太りやすくしてしまう、悪効果もあるのです。

東洋医学的と言われても、ピンと来ないかも知れませんが、利尿作用があるため、排尿によって体温が外に出る、と考えれば、「コーヒーが身体を冷やす」という意味がわかってもらえるかと思います。

 

ダイエットを考えるなら、コーヒーよりもしょうが茶!

コーヒーに含まれるカフェインは、身体に良い影響も与えますが、ダイエットという観点から見ると、デメリットの方が大きいんです。

もちろん、脂肪燃焼効果もあるのですが、「健康的に痩せる」という観点から考えると、ダイエットしたいならコーヒーよりもしょうが茶を飲むようにしたほうが良いでしょう!

 

しょうが茶に使われる、乾燥させた生姜は、身体を中から温めて、血行を良くし、ダイエット効果を高めます。特に、「冷え」が原因で下半身が太っている人にとって、しょうが茶は高い効果を発揮するんです!

自分でも、しょうが茶を作ろうと思えば作れますが、しょうがを一度乾燥させなければ、しょうが本来の身体を温める効果を発揮することが出来ないので、しょうがを乾燥させる手間が嫌だ、という方は市販のしょうが茶を飲まれるのもおすすめですよ♪

エス

28,197 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)