私は彼のことが本当に好きなんでしょうか?自分の気持ちがわからなくなってませんか?

恋愛-女性-

 

恋愛への情熱が今下がっているのではないかと悩んでいる人もいます。しかしそれは違います。本当は彼のことが好きなのに何故情熱がなくなってしまうのか、情熱がなくなると彼のことは本当は好きではないのではないかと考える人もいます。

こんなときどうしたらいいかアドバイスをします。

 

■好きな気持ちは今でも残っているはずです

別に彼のことが嫌いになったわけでもないし、情熱は今でも続いています。どうしてそれが言えるのかというと、いざというときを考えると分かります。

彼の存在が急にいなくなってしまったり、遠くに行ってしまうと考えたときにどれだけ辛い気持ちになるのか、一緒にいてどれだけ嬉しいかが分かるからです。

今が情熱さが足りない理由は彼と自分との関係に満足しきっているからです。常に安心しているお互いの関係はこれ以上情熱も出てくるわけではないけれど、好きだという気持ちと情熱とは別にあるからです。

もし彼が離れてしまうと考えたとき、彼のことが頭に思い浮かぶ場合は、好きと変わりがありません。

 

◆彼と一緒にいて楽しいと思えるから好き

彼と一緒にいて楽しいと思うと好きという答えには変わりありません。一緒にいて楽しいと心から思えるということは情熱と違って支えてあげたいという気持ちに変わっているからです。

だからいくら情熱を注いでも心の中は彼を支える気持ちに変わってしまいます。しかし彼への接し方が変わったとしても好きな気持ちは変わりません。

 

◆恥ずかしいことが少なくなる

情熱が冷めると恥ずかしいことが少なくなることもあります。しかしそれは彼への気持ちがなくなったわけではなく、好きという気持ちが続いています。

恥ずかしいのがなくなっているということは彼への安心感があるということです。家に上がってもらうのは恥ずかしいと思っていたのがなくなっていた場合、家のことより彼のことばかり考えているからです。

恥ずかしいというのは気持ちが冷めることはありません。

 

■ネガティブになる理由

ネガティブになる理由はいくつかあります。ネガティブになっているときは彼のことをいろいろ考えているからです。この先一緒にいても大丈夫なのかと考えている本音はずっと彼と一緒にいたいという気持ちです。

彼のことはどうしたらいいのだろうと考えているときは、彼を傷つけたくないと思っているからです。ネガティブから発してしまう言葉というものがあります。それを紹介します。

 

◆嫌いというのは好きと同じ

普通に最初から嫌いと言っているのは嫌いという意味ですが、今まで好きだと言ってくれたのに嫌いと言ったり、今まで好きだったのに嫌いと言ってしまうことがあります。

実はこれは本当は嫌いではありません。嫌いと言っている理由は、彼がもっとこうだったら私も悩むことがないという考えや、私がもっと恋愛上手だったら彼を支えてあげるのにという考えが頭の中にあるからです。

つい口から嫌いという言葉を言いがちですが、好きという気持ちの方がまだ強いのではないかと思います。

 

◆私のこと好きなのだろうか

私のこと好きなのだろうかと考えているときがあります。それは好きという証拠だからです。つまり好きになってほしい、もっと見てほしい、もっと独占したいと考えているからです。

このことが彼にも自分にも上手く飲み込めないとギクシャクしたり、喧嘩になるときもあります。独占したい気持ちもいいですが、ネガティブになりすぎないのも必要です。

 

【まとめ】

恋愛とは簡単なようで難しいです。情熱というのもいつまでも続いているわけではなく、時には情熱が冷めていることもあります。しかし情熱がないからとはいっても彼への気持ちは変わりません。

ただ楽しいこともなく、恋愛の発展もなく一番落ち着いているからこそ今情熱がない期間だと思います。

これから楽しいこともまたやってくることもあるしないこともあります。どう楽しく生きていくのか二人の人生にかかっています。

エス

42,596 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。