今が決断すべき時?!彼女と距離を置くべき状況とは?

大切な女性である彼女となかなか上手くいかない時は、一度距離を置くという方法をとってみると良いこともあります。
優柔不断だったり、彼女を失うのが怖い男性は、距離を置くべき状況でも無駄に耐えてしまっていることもあるでしょう。
こんな状況になったら距離を置いてみることで、新たな解決策が見えてくるかもしれません。

【1.喧嘩が日々絶えなくなってきた時】

彼女と喧嘩の毎日、言い合いの毎日という場合は、一度距離を置いてみましょう。
喧嘩や言い合いができるということは、それだけ信頼関係が結ばれている証拠でもありますが、相手の存在価値を見失っている可能性もあります。
「これを言っても大丈夫」「許してくれる」という過信が、二人の間にできているとしたら、相手を少し失うことで気付けるものがあるはずです。
彼女が嫌いになってしまう前に、彼女のことが許せなくなってしまう前に、一度距離を置いて、お互いの大切さ、必要性を知る必要があるでしょう。

【2.彼女が上から目線になってきた時】

女性は強い生き物です。
相手が好きな男性であっても、次第に口調が荒くなってきたり、命令することも多くなってくるでしょう。
好きだからといって、これらを耐えたり流すことは、お互いの成長を止めてしまうもの。
彼女の中で男性を下に見始めてきていると感じる言動があれば、離れてみることで改めてくれるケースもあるのです。
言いなりになってばかりいる、口ごたえできない、すぐに怒られる。
そんな関係が当たり前になってきたら、一度離れて彼女に自分の大切さを知ってもらう必要があります。
男性にも我慢の限界や辛く感じるものがあるということを教える意味でも、距離を置いてみた方が良いでしょう。

【3.会えない状況が続いている時】

自分は彼女に会いたいけど、彼女が忙しくてなかなか会えないという状況の時も、距離を置くべき状況です。
その理由が仕事やトラブルといった仕方のないことであれば良いですが、「友達と遊ぶ」「面倒くさい」といった自由の中での都合であれば、彼氏を大事に思ってはいません。
関係を続けているだけであって、そこに向き合っている彼女の姿はないのです。
彼女の中での優先順位が、友達よりも趣味よりもどんどんと下に下がっている状況です。
「会いたい」と彼女に伝えることによって、彼女は安心しきってしまい、さらに同じ状況が続くだけ。
距離を置いて「会いたい」と言われなくなった時に、焦りや不安を抱くようになり、男性への思いを再確認するはずです。

【4.嫌いな所しか見えない時】

付き合っているから好き、という訳ではありません。
好きだから付き合うという始まりであっても、それが永遠に続くかと言えば、大抵は永遠のものではないでしょう。
もしあなたの中で、彼女の悪いところしか見えない、嫌な面ばかり目がいってしまうという場合は、そこに「好き」がなくなっている可能性があります。
特に交際期間が長いと、好きと情が混ざり、錯覚の中で付き合ってしまっていることもあるのです。
一度離れてみて、それでも彼女に「また会いたい」「やっぱり一緒にいたい」と思えるかどうかを、自分の中で考えてみること。
だらだらした関係を続けていても、そこに「好き」がない以上、彼女に優しくすることができなくなったり、他の女性への目移りもしてしまうものです。

【まとめ】

彼女との関係がいまいち上手くいっていないと感じる場合は、何かしらの原因や理由が隠されているものです。
それがふわふわとした分からない状況だったとしたら、距離を置くことで気付ける場合もあります。
関係を続けていればいつかは上手くいくと思い込むのは間違っているかもしれません。
アクションを起こすことで、距離を置くことで、違った答えが見つかるかもしれないのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る