男子を落したいならメイクを変えろ!男ウケ必至なメイクの方法とポイント

今現在、気になる男子がいるという方、少なくありませんよね。

でも、その彼が、どうも自分のことをなかなか見てくれないとか、

自分のことを女性として意識してくれていないというのは、

その彼と接していれば女性はなんとなくわかるものです。

そこで、今気になる男子がいる方は必見です。

気になる男子を落としたいなら、男ウケ必至なメイクを身につけましょう。

そんなメイクの方法とポイントについてご紹介したいと思います。



1.すっぴんに近いナチュラルメイクをしよう

 

よく男性は言います、「メイクをしているよりもすっぴんの女子の顔がたまらない」と。

ですが、そうそう女性の中で自分のすっぴんに自信がある人はいませんし、

一応メイクも身だしなみとなりますから、

なかなかすっぴんのままでどこかへ行くということはありませんよね。

そんな時にすべきことが、

ナチュラルメイクにするということです。

ナチュラルメイクというのは、意外と難しく、

それなりのコツが必要となってきます。

ポイントとしては、透明感のある

ファンデーションを使用するということです。

 

これを使用することによって、きれいなお肌に見せることができるので、

肌のトーンもアップして、明るい表情に見えますし、

お肌がきれいに見えることで、自分自身も見た目に自信が付きますし、

男性から見ると、触りたくなるようなイメージなのです。

 

リキッドタイプだとこういったことをしやすいので、

お肌に問題がなければ、リキッドタイプを選びましょう。

ラメなどが入っていると、光の加減でキラキラしてみえるので、男性をより魅了することができます。

もちろん、これと並行して、ファンデだけに頼らないよう、

日々のスキンケアも怠ってはいけません。

 

メイクをしたまま寝ない、基礎化粧品をつけるというのは当然ながら、

洗顔方法などにもきちんとこだわって毎日のスキンケアをしていきましょう。

 

 

2.目力で魅惑的な視線で彼をくぎ付けにしよう

 

日本の女性が特にメイクでこだわるポイント、

それは、誰が何と言ってもアイメイクですよね。

 

皆さんも、おそらくアイメイクに1番お金と時間を費やしていると思いますが、

男性にとって、つけまつげやまつ毛エクステ、

それにつけすぎなマスカラというのは、

あまり受け入れられるものではありません。

 

中にはやり過ぎて顔から目が浮いてしまっているというような

状態もよく見かけますよね。

それでも女性はアイメイクに時間をかけたいですし、

アイメイクは、男性を落とすためにもマストなパーツです。

 

そんな時におすすめなのが、ボルドーもしくは、

赤紫のアイライナーを目の際にうまくひいてください。

 

まさかのカラーだったと思われた方も多いでしょうが、

実は、日本人の肌には、こういったからのアイライナーがブラックよりも肌と溶け込みやすいので、

これを目の際に引くことによって、自然と目をぱっちり見せることができます。

気になる彼を、あなたのちょっと大きめな目で見つめてみれば、

彼の心をくぎ付けにするはずです。

違和感のない目元なのに、目を大きく見せられるので、

これはおすすめです。

 

ここでマスカラも使ってよいのですが、その際には、

ビューラーでまつ毛をあげ、クリアマスカラを使用するか、

 

いつも使っているマスカラでひと塗りだけすると、

キュートな顔に仕上がります。

 

 

3.魅惑的なリップを作ろう

 

男性が女性の顔のパーツで意識してみている所と言えば、

確かに目などもそうかもしれませんが、

断然口元を見ています。

 

口元というのは、意外と顔のパーツの中で1番女性らしさを出すことができる

パーツでもあるんで、このパーツを念入りに研究すると、

男性の心をつかむことができますよ。

まずは、唇をふっくらと見せることです。

やはり、これにはテクニックが必要なのですが、

用意するのは、リップブラシとリップ(口紅やグロス)です。

リップブラシにグロスなどをつけます。

それを使って、唇のふちをしっかりと描いていくと、

唇の輪郭をしっかりと見せることができます。

 

さらに、下唇の中央は一番唇の厚みがある場所ですから、

その下部を唇のふちよりもやや大きめになぞってみてください。

そうすると、唇に立体感が出てぷっくらとした唇が出来上がります。

おすすめのカラーは、自然な感じにするためにヌーディーなものも良いですし、

キュートな印象にしたい方は、

ナチュラルピンクを使うと良いでしょう。

まずは、自分の唇にマッチしたカラーを見つけ出すことが先決です。

 

 

4.チークのカラーはやり過ぎ禁物

 

女性的には、メイクをする際にチークがないと、

どうしても顔のトーンが落ちてしまうとか、

一味足りない印象があります。

ですが、あまりチークのやり過ぎは男性からのウケがよくありません。

チーク選びのポイントですが、とにかく、

ここでもナチュラルを意識してください。

 

そうしないと、自分はオレンジ系が好きだから

オレンジ系のチークをつけようと、

趣味を優先してしまいます。

 

自分の肌と溶け込むようなカラーのチークをつけることによって、

肌のトーンを明るくするという、本来のチークの役目を果たしてくれ、

男性からも違和感のない印象にしてくれます。

 

あなたの肌が色白であればほんのりとしたピンク系、

そして、やや濃い目の色であるならばオレンジが溶け込みやすいです。

また、クリームチークだと、肌に溶け込みやすいのでおすすめです。

 

つけ方は、基本は、頬に円を描くようにするのですが、

丸顔の場合は、ほっそりとした印象を与えるために、

頬骨の上に、面長の人はそれより下、

どちらにも当てはまらない場合にはその中間からチークを入れると、

顔の形に合った自然な頬に仕上がり、あなたの顔の印象をアップさせます。

 

 

5.アイシャドウはブラウンがカギに!

 

最近では、目を大きく見せようと、ダーク系のアイシャドウを

目の周りに大きく縁取る人がいますし、

海外セレブなどのメイクを見ていてもそういう傾向が強いです。

 

しかし、それはパーティーなど、派手なシーンではメイク映えするかもしれませんが、

男性からのウケはゼロといってよいでしょう。

では、男子ウケをよくするにはどんなアイシャドウを取り入れるべきかというと、

日本人の肌は、黄色みがかったものですよね。

ですから、自然感じに仕上げるには、

それと同じようなカラーを取り入れることで、なじみます。

 

例えば、1番ナチュラル感が強いのが、ベージュ系で、

黄色やオレンジもおすすめですが、もちろん、

ものすごい濃い色を選ぶのではなく、薄めのカラーを選びます。

目の際だけにつけると、あまり変化はありませんが、

アイホール全体につけても、これらの色であれば、

肌と同化してくれるので、厚化粧と言った印象を持たれません。

 

 

その上、目元にヌーディーな雰囲気を感じさせることができるので、

男性からも魅惑的な女性という印象を持たれることとなるでしょう。

 

ややゴージャスに見せたい場合は、同じようなカラーでも、

ワントーン明るめのカラーを使ってハイライト効果を与えてあげると、

目の周りに凹凸ができるので、メリハリのある目元に仕上がります。

 

ここに前述したようなアイラインを足すことで、

完璧に男性の心をくぎ付けにするアイメイクとなりますよ。

 

 

まとめ

 

自分の性格や癖などを彼好みに替えることは難しいかもしれません。

ですが、メイクであれば、簡単に変化させることができますよね。

 

今気になる彼氏がいる方、これらのメイクのポイントとやり方を頭に入れて、

今から彼好みのメイクを練習してみてください。

そして彼の前に現れれば、彼に良い印象を与えることは間違いなしです。




もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら
下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. みなさん、リップにこだわりはありますか? リップにはたくさんの種類があります。 色みやどの程度の…
  2. [toc]引用元: https://prtimes.jp/main/html/rd/p…
  3. クローゼットを開けると、なんか映えない地味色のトップスばっかり。そんなお悩みを持っている方はいらっし…
  4. [toc]■ナチュラル系インテリア ・木目調のデスクやチェアは見る人のこころを…
  5. サムネイルはGoogle画像検索から引用[toc]1.ストアカで自分…
  6. [toc]2018年冬季オリンピック・ピョンチャン大会まで、あと3ヶ月あまり…
  7. [toc]■クラフトビール人気で変り種のビールが人気に ・本格志向の女性が増え…
  8. [toc]■体重が減らないダイエットも増えている ・体を絞り込むことが重要に …
  9. [toc]■仮想通貨女子が急増している ・仮想通貨の情報を発信する女性が増…
  10. 京都、奈良といえば、小学校の修学旅行の定番ですよね。小学生だけでなく、何回も京都にハ…

注目の記事

ページ上部へ戻る