平昌五輪も間近!注目のイケメン男子フィギュアスケート選手は?

 

2018年冬季オリンピック・ピョンチャン大会まで、あと3ヶ月あまり。アジアでの開催、そして日本に近い韓国での開催と言うことで、国内での注目も高まっています。

花形の競技と言えば、日本はやはり人気の高いフィギュアスケートですね!

華やかな女子はもとより、女子目線で今回注目したいのはシングルの男子フィギュアではないでしょうか?

今注目を浴びていて是非チェックしたいイケメンスケーター達をご紹介します。

 

フィギュア大国・アメリカの選手

<ネイサン・チェン>

去年、念願のシニアデビューをした18才。

3才からフィギュアを習い出し、体操とクラシックバレーも同時に練習をしていた。

抜群の体のバネとしなやかさ、姿勢の美しさ、そしてダイナミックな動きで魅了するスケーターです。4回転ジャンプはアクセルジャンプ以外が飛べるジャンパーです。

18才とは思えない凛々しい表情とオオカミの様な鋭い目線、野口英世風のヘアスタイルにも注目です。たまに見せる笑顔がとても可愛らしいくスケーターです。

 

<アダム・リッポン>

元世界ジュニア王者のリッポン選手。

現在27才です。10代から20代前半にかけては、彼の金色のくるくるとなったパーマヘアがトレードマークでした。

現在は、すっきりと短い髪に、筋肉隆々のたくましいアスリートになりました。

リッポン選手が始めた両手を上げて飛ぶ通称「リッポンルッツ」は軸と腕の上げ方が真っすぐで美しく、注目するポイントです。

芸術性に磨きをかけた美しい動きとその容姿が魅力です。

 

<ジェイソン・ブラウン>

22才の元全米王者です。彼はいつでも誰にでも笑顔を絶やさないナイスガイです。

年頃の男子には珍しく、人前でも女性コーチとハグし、手を握ってKiss & cry (採点を待つ椅子)で祈る姿が印象的です。

日本人の先生に日本語を習っているほど、日本と日本人が大好きとの事です。一番好きな食べ物はおにぎりで具はツナマヨだそうです。彼の魅力は脅威のバランス能力と柔軟性、ジャンプの能力、手先足先まで神経の行き届いた繊細な表現力です。

そして、最近ではあまり見られなくなった技の、180°以上足を開くバレイジャンプや支持ありスパイラルは必見です。

 

<ロス・マイナー>

26才の彼はジュニア時代から実績を残してきたスケーターです。

国際大会では、日本のNHK杯にとても縁があり、過去に2度の銅メダルを取っています。

当時はエキシビションの衣装の準備をしていなかった為、急遽「北海道」と書いてあるTシャツを購入して演技し、大人気となりました。正統派の美しいスケーティングと、素朴な顔立ちの彼に注目です。

 



実力者が多いカナダの選手  

<パトリック・チャン> 

カナダのスケートを長年引っ張って来ている27才です。3度の世界選手権チャンピョンです。

彼の魅力は何といってもその美しいスケーティングです。素人目に見ても彼は上手い!と分かります。両親は中国系移民ですので、顔立ちはアジア系ですが、瞳は薄いブラウンで不思議な神秘さがあります。

彼は髪を絶対に長くしない・と言う信念がある様で、いつもスッキリした短い髪型です。

真っすぐ見つめる瞳とその人懐っこい笑顔が魅力的です。熟成期の彼の演技に注目です。

 

<ケビン・レイノルズ>

パトリックと同年代の27才です。彼も長年カナダの男子フィギュアをリードして来ました。

日本語がかなり上手で発音も滑らかです。日本のアニメや文化が大好きな彼です。元々4回転の種類が一番多く飛べる選手でしたが、近年は怪我が多くキャンセルが多くなり、最近ようやく競技に復帰しました。

何といっても、その高い鼻と色白の顔立ちが漫画に出てくる主人公のようです。とにかく華奢で、細い軸のスピンやジャンプが特徴です。

 

ヨーロッパの選手

<マキシム・コフトン> 

ロシアの22才です。プルシェンコが半引退と言う状況の中で、ずっとロシアの男子フィギュアの次世代エースとして頑張って来ました。

タラソワコーチの教え子です。

彼のジャンプはとにかく高くて迫力があります。精神面から中々安定して結果は出ませんが、気合の入った時の真剣な表情はそのイケメンぶりが際立ちます。

 

<ミハイル・コリヤダ>

22才。コフトンと同年代です。シニアの戦歴はコフトンの方が上ですが、ここ1.2年かなり力をつけて来ました。

ジャンプが得意なスケーターです。
いつも真剣で鋭い眼差しが印象的です。

ロシア男性の凛々しさ、強さのようなものが感じられます。

笑顔には滅多になりませんが、それが一層、彼が真剣に競技に取り組んでいると言う熱が伝わって来ます。ブロンドの髪がサラサラと爽やかです。

 

<ハビエル・フェルナンデス>

スペインの26才のスケーターです。スペインはスケートが盛んではないですが、彼は世界王者、ヨーロッパ王者となっている為、母国では有名人で英雄の様な存在です。

前回のソチオリンピックではスペインの旗手を務めました。ザ・ラテン系と言う顔立ちで堀が深い顔と長いまつ毛が印象的です。

明るい笑顔とコミカルで優しい表情で世界中の女性から人気のある選手です。

とにかくジャンプが得意で、軽々と助走なしでも4回転ジャンプを飛ぶ能力があります。

羽生選手のリンク仲間、良きライバルとしても知られています。

 

大注目・日本の選手

<羽生結弦選手(ANA)>

何といっても、日本と世界の宝の羽生結弦選手です。

実力、容姿、精神、性格、向上心の全てを持ち合わせたパーフェクトスケーターです。

小さい頃はプルシェンコに憧れて、おかっぱの髪型にしていました。

現在は、ストレートのナチラルな髪型です。中性的とも言えるその顔立ちと、強い心と情熱溢れる演技のギャップに多くの女性が夢中になっています。

毎年どんどん進化し続ける彼に注目です。

<宇野昌磨(トヨタ自動車・中京大学)>

日本のもう一人の実力者となった19才です。

シニアデビューしてから3年目になりますが、あっと言う間に世界のランキングトップクラスに上り詰めました。

小さくて可愛らしい男の子と言う印象から、オーラを放つスケーターに成長しつつあります。

そのベビーフェイスから世界中のファンがいます。

ひたむきで謙虚な日本人らしさを持った魅力もあります。あの、タチアナ・タラソワコーチ(ロシア)も彼の大ファンになったと公言しています。

 

<山本草太(愛知みずほ大瑞穂高)>

2015年の世界ジュニアの銅メダリストです。

昨年はジュニアの金メダルの最有力候補でしたが、直前に足首の骨折で出場出来ませんでした。

シニアに上がってからも、度重なるケガで中々思うように試合に出られないのが残念です。

彼は、日本の雛人形の様な和風の顔立ちで、スケーティングが上手く魅せるタイプの正統派です。

姿勢も美しいので、これから更にファンが増えるのではないでしょうか。

 

<日野龍樹(中京大)>

父親がロシア人のハーフの22才です。ジュニアの頃から次世代の注目選手として度々話題になってきました。

羽生選手と同世代です。長身で細身のエキゾチックな顔立ちが魅力的です。

長い手足を生かした美しい演技に注目です。

【まとめ】

以上、主な注目イケメンスケーターでしたがいかがでしたでしょうか。

既に知っている選手も初めて聞く選手もいるかもしれません。来年のオリンピックでは、イケメン勢ぞろいの男子フィギュアスケートに是非注目してみて下さい。



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る